Amazon Echo Autoを早速、試してみた!

AI/IoT /

Amazonのアレクサが自動車の中でも使えるようになった。「Amazon Echo Auto」が先日9月30日に日本でもようやくリリースされたので、早速購入してみた。筆者の自宅には各部屋ごとにAmazon Echoがあり、アレクサとの対話を楽しんでいるが、これで車を運転する時にも、アレクサを使えるようになった!

セットアップも簡単で、スマートフォンのAlexaアプリに接続し、スマートフォンのBluetooth接続をするだけなので、わずか数分でAmazon Echoを楽しめる。

車の中にはカーオーディオやエアコンの音など様々なノイズが存在するが、Echo Autoは8つのマイクと音声認識技術によって、ハンズフリーで快適に遠隔操作を行える。車の運転中に両手がふさがっている時に、「アレクサ」と呼びかけるだけで、天気やニュースなど3500のスキルを使えるのだ。

Echo AutoはAlexaアプリを通じて音楽や最新のニュースなどのコンテンツにアクセスできる。曲名やジャンル、アーティスト名やステーション名を話しかけて、Amazon Music、Apple Music、Spotifyなどから音楽のストリーミング再生が可能になる。

RadikoでAMやFMの番組を聴けたり、TuneInを使えば、世界中のラジオ局を楽しめる。Audibleでオーディオブックの再生もできるので、車の中での「読書」も可能になる。今まではスマホの操作が必要だったが、運転中でもストレスなしに、ハンズフリーでニュースや音楽を楽しめる。

実際、筆者も朝の通勤時に、Echo Autoで日経新聞やTV東京などのニュース番組を聴くことで、わずかな時間で世の中の動きがつかめるようになった。これならラジオを聴くより、はるかに効率的に情報収集できる。

アレクサからスケジュール確認を行えたり、目的地付近の天気予報もチェックできる。アレクサに名前を呼びかけるだけで、電話をハンズフリーでかけられるので、運転中でも取引先やパートナーとのコミュニケーションがはかれる。

実際、筆者がAmazon Echoを使い始めて1週間が経過したが、Amazon Echoが搭載されていない車を運転すると物足りなさを感じる。

車内でのインターフェイスは今後音声にシフトしていく可能性が高く、Amazon Echoの機能が拡張されることで、車内がより快適になっていくはずだ。ワーケーションでの移動の際にも、Amazon Echoが力を発揮してくれそうだ。

Amazon Echoの登場で、アレクサは自宅やオフィスだけでなく、車の中でもリクエストに応えてくれるようになった。筆者の生活にはなくてはならない存在になってきた。