JR東日本の終電繰り上げのニュースが与える交通広告への影響

輸送人員や乗降人員だけを軸にしていれば、コロナ禍は移動量を減らすことになるため、交通広告はシュリンクするだけだ。ところが、それだけではない価値を示し、それを計測できる基準を提示できれば、成長の可能性も出てくる。JR東日本のこの発表は、JR東日本がここまで言ってしまうのかとの点では衝撃的だ。しかし、内容はすでに知っていた内容でもある。これはを乗り越えていけるか、交通広告は正念場を迎えている。