【IFA2020】Vol.01 したたかだが明快なビジョンを示したLGのプレスカンファレンス

IoT /

ベルリンで開催される欧州版CESと言ってもいいIFAがオンラインとオフラインのハイブリッドで開催されている。オフラインで参加できるのは1日あたりわずかに1000人。筆者はプレス登録してオンラインで参加をしている。

初日である9月3日の開催されたLGのプレスカンファレンスでは、おなじみと言ってもいいだろう、IP Park氏が登壇した。

やはり冒頭からコロナに関する話題からスタートし、コロナによるパンデミックによって、我々の生活はオンラインへのシフトを加速させたと指摘した上で、「PuriCare Wearable Air Purifier」を発表した。これはスマートマスクと言うか、ウエアラブル空気清浄機と言ったらいいのだろうか。

PuriCare Wearable Air Purifierを発表するLGのIP Park氏

汚染物質や環境汚染物質にも効果的なバッテリー駆動のマスクは、LGの家庭用空気清浄機と同じフィルターを使用し、さらにUV-LEDライトでも殺菌を行う。装着者の呼吸のパターンに基づいて、ろ過の速度を調整する技術が搭載されていいる。820mAhのバッテリーを内蔵しているため、「低」で8時間、「高」で2時間の使用が可能で、第4四半期中に一部地域で発売される としている。

マスクと言えばシャープ、なのだがプラズマクラスターマスクもあながち冗談とは言えないかもしれない。ここでも日本が韓国に先を越された。

LGもサーマルカメラを。
UNTACTとは韓製英語らしいが、デジタルデトックスみたいな意味のようで、いわゆるソーシャルディスタンシングのことのようだ。

Park氏の語る世界観はいつも非常に明快でわかりやすい。強引にコロナに結びつけている部分も多く、LGオリジナルのものとは言えないかもしれないが、具体的なカタチや映像にして我々に示してくれる。近未来をイメージするために参考になるし、時にはそうじゃないだろということを考える材料にもなる。その点でLGのPark氏のプレゼンテーションはベンチマーク的に欠かせないのだ。なんと言っても彼の話す英語は日本人にはとてもわかり易い。

このプレスカンファレンスはプレス登録を行ってログインしないと視聴することが出来ない。IFA2020のLGのオンラインブースは誰でも自由アクセスが可能だ。IFAやCESでのLGブースをWEBに落としたような構成になっている。

執筆時点では日本からだとサーバーが重たいのでサクサク体験ができない状態になっているが、是非体験されたい。

Tags: