コメダ珈琲店が導入しているモバイル「順番待ち」が便利

Digital Signage/IoT /

行列ができる人気店の多いコメダ珈琲では、店舗入り口に発券機を設置し、そこで整理券を発行して順番待ちする方式を取っている。

ところが、いまは店頭に、このようなQRコードを掲出するようになっていた。

このQRコードをスマートフォンで撮影すると、LINEにリンクされ、そこから整理券を発行できるようになっている。整理券が発券されるだけではなく、待ち人数の確認ができるうえ、順番が近づいてきたときには店舗まで戻るようLINEのメッセージが送られてくる。すべてLINE上で行えるため、新たなオリジナルAppをインストールするなどの手間もなく、とても気軽だ。

コロナの影響で、店舗内での密を避けるために入店制限を行う店舗も多い一方で、都市部だと行列をつくるだけのスペースが足らず、行列が密になってしまっている店舗も少なくない。整理番号を発行するだけでなく、待ち行列の状況を確認できる接点を持ち、行列を解消するサービスも組み合わせていくことが求められるのではないか。

また、このサービスは行列の密を解決するだけではない。行く前から待ち時間が推定できるようになるし、店舗に向かう途中に整理券を発行しておけば、擬似的な予約もできる。コロナとは関係なく、いち生活者としては便利なサービスになっているのだ。コロナ対策のなかには、手間が増えることも多い一方、外食におけるモバイルオーダーやテイクアウトサービスなど、これまで放置されていた問題を解決し、利便性を加速させていることも少なくない。そのため、この変化は不可逆的だ。コロナの時代には、ネガティブなところだけを見て欠点を埋めていくコロナ対策ばかりを考えるよりも、モバイル順番待ちサービスのように、コロナを利用してパラダイムシフトを実現してやるぐらいの意気込みでビジネスを考えていくことのほうが、生き延びることができるのではないか。

このサービスはmatocaが提供している。サイネージディスプレイは不要で、QRコードを掲出するだけで、従来のような予約機や発券機よりも遥かに利便性の高いサービスを実現させている。