関東初 TRIALのスマートショッピングカートをしっかり深読みする

AI/Digital Signage /

スーパーマーケットの新しい姿に挑戦し続けているTRIALが、関東で初めてのスマートショッピングカートを千葉の長沼店に導入したので、2年ほど前の福岡以来、改めて体験してきた。

スーパーセンタートライアル長沼店の入り口は一箇所。スマートショッピングカートを使わずに、普通の買い物かごで買い物をすることもできる。気のせいかも知れないが、福岡のときに比較するとタブレットの画面サイズが大きくなっているようにも思える。また福岡では使用している人はさほど多くなく、シニア層は殆ど使っていなかったが、この日の長沼店では世代に関係なく、半分以上の人が利用していた。

ショッピングカートにタブレットが組み込まれている。
「お買い物をはじめる」をタッチすると、「TRIALプリペイドカード」のバーコードをスキャンし、PINコードを入力する。
前回福岡で入手したTRIALプリペイドカード。予めチャージして使用する。チャージは店内の端末かサービスカウンターで現金でチャージする。200円ごとに1ポイントが貯まる。
購入したい商品のバーコードをスキャンして、カートに入れて行く。セルフレジがカートと一体化しているイメージである。このスキャナーは以前は固定型だったが、いまは引っ張り出してハンドスキャナーとしても使用できるようである。重たい商品への対応だ。

セルフレジがカートに付いているのと同じことで、商品を選びながらスキャンしてカゴに入れていく。これによって買い物途中でその時点の合計金額やプリペイドカードの残高が同時に分かる。これは店側からすると売上を減らす方向に作用する可能性もある。しかし、これについて別のスーパーの経営者と話したところ、おそらく客単価の減少を危惧するよりは、顧客の安心感など、顧客の側に立った方が良いという判断だろうという評価をしていた。目先のアップセルだけに固執していないのだろう。

だが、まったくアップセルをしていないわけではない。クーポンが増量されている商品や、買い忘れ、関連するおすすめ商品などをしっかりディスプレイに表示している。刺し身を買った時に「わさびは大丈夫でしょうか?」と教えてくれるようなイメージだ。

おそらくだが、現時点でここに高度なAIやマーケティングが動いているわけではないと思われるが、今後データが蓄積されていくことで、そういった展開をしていくであろうことは容易に予想できる。

購入した商品のリストが表示され、同時におすすめの商品やおすすめの料理のレシピなども表示される。

店内にはビーコン端末が多数設置されている。これはいまいる売り場に応じたおすすめレシピを表示するために利用している。豚肉売り場の前にいるカートに対して肉じゃがを提案するといったことだ。

おすすめレシピは、店内に設置されているAplix社製のビーコンから発信されているようである。またカートのタブレットも通信をしているようでで、商品価格もタイムセールなどに応じてリアルタイムで更新されているようである。

スマートカートの利用者はクイックゲートを利用することができる。Amazon goと違い、店内にあるカメラではどの商品を購入したかという情報は取得していないと思われる。そのためクイックゲートは無人ではなく有人だ。ここでは係員がカートの中の商品を目視でざっくり確認している。性善説に基づいているようだがはっきりとしたことはわからない。

購入が終わるとクイックゲートに向かい、必要に応じてレジ袋などの購入や、バーコードが付いていない(付けられない)生鮮品を係員が入力していく。バーコードがない商品はタッチパネルから自分で選んで購入することも可能だ。
このゲートにあるセンサーはカートを読み取っているようであるが、おそらく購入者の検出とゲートの開閉に使っているのではないだろうか。

前述の、店内に大量(688台のようだ)に設置されているネットワークカメラは、プレスリリースによると、人流の把握と在庫管理に使っているとされている。在庫管理は比較的容易だが、人流把握に関しては、これだけの台数カメラですべての顧客の動線を把握することはおそらく現実的ではない。各カメラのトラッキング情報を面的に繋いでいくためには、かなりの高負荷に耐えられるシステムが必要になるからだ。

またこうして取得されたデータは、取引先にも共有されるという点も極めて重要である。手にとったけれど購入に至らなかったといったようなデータも取得できているかも知れないし、電子POP的な使い方も容易に実現できるはずだ。買い物客は常に購入金額を見ているので、アイボールは常に捕捉できているわけで、強力な媒体になり得るのである。それもまさに買い場そのもので、である。

2019年11月には、リテールAIの普及を目指す5社(サントリー酒類、日本アクセス、日本ハム、フクシマガリレイ、ムロオ)と「リテールAIプラットフォームプロジェクト『リアイル』」を結成。今回リニューアルオープンしするトライアル長沼店は同プロジェクトの旗艦店という位置づけで、リアイル参画企業各社がリテールAIを活用したさまざまな取り組みを展開していく計画だ。

商人舎 流通スーパーニュース
店内に688台もあるというカメラ。
カメラはレールに設置され、電源とLANに接続している。
配線は結構ラフである。
使い分けはよくわかなないが、集中的にカメラが設置されているエリアもある。
防犯カメラは別のシステムのようだ。
タブレットを充電するためのレジカートのたまり場。
充電は黒いケーブルで行うようだ。
黒いケーブルをタブレット背面にマグネットで固定して行われる。充電のタイミングがどう運用されているのかは不明だ。

ここからはTRIAL長沼店のデジタルサイネージについても紹介しておきたい。ます特徴的なことは50インチクラスの大画面を、さほど多くない台数で効果的に設置利用していることだ。コンテンツも読めないような細かい情報を表示するのではなく、とにかく大きくシンプルに1画面1情報に徹している。このためメッセージは明確に伝わってくる。流通系のサイネージではこういったシンプルな使い方をしているところは殆ど見かけない。

50インチ以上の、スーパーの売り場としては非常に大きなディスプレイが多数使用されている。
いまはレジカートの使用を積極的にプロモーション中だ。
ディスプレイのベゼル部分は売り場の商材に合わせたもので装飾されている。これによってさらにコンテンツがはっきり目に入ってくる。
なかなか大胆な設置法。スマートショッピングカートを利用して3000円以上購入すると50ポイントが追加されるキャンペーン中だった。

TRIALのIoTやAI、デジタルサイネージの使い方の特徴は、本当に有効なこと、それも適切な投資でいまできること、現実的効果が期待できることをテクノロジーで実現していることだ。

最後にTRIAL長沼店のオフィシャルYouTube動画をご覧いただきたい。スマートショッピングカートについているディスプレイを、店頭販促用に電子POPとは異なるデジタルサイネージとして位置付けているコメントが印象的である。ただ流すだけのサイネージの時代はここでも終焉に向かっていくことを感じた。