リアル店舗の顧客に新たな顧客体験を!イグニカのサイネージサービス

Digital Signage /

スーパーマーケットのデジタル化が進んでいる。来店者のビッグデータを収集・分析し、目の前の顧客に最適な情報を配信することで、客単価を高めることができる。最近では店舗をメディア化する動きも始まっている。

マルエツ、カスミ、マックスバリュ関東の共同持株会社であるユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングスU.S.M.H)は、リアル店舗での、AIデジタルサイネージを活用した広告配信・マーケティングサービス「イグニカ(ignica)サイネージサービス」の本格運用を開始すると発表した。

「イグニカ」は、U.S.M.Holdingsの独自ブランドとして、店舗サイネージをネットワーク化し、商品情報、料理レシピ動画、生活情報等、顧客にとって価値ある情報やコンテンツをリアルタイムで配信提供することで、買い物体験を高めることを狙っている。さらに、AIカメラの活用によりコンテンツ視聴効果の分析・可視化を可能とし、効果的な広告配信と効果検証を行っていく。

2020年3月より事業会社の株式会社カスミ店舗にて実証実験を行ってきたが、8月より順次、カスミの21店舗で本格展開いくとのこと。また、株式会社マルエツ、及び、マックスバリュ関東株式会社も、9月以降に順次展開を進めていく。

【イグニカサイネージサービス概要】

1.店内に約40インチのサイネージディスプレイを10画面設置
売場状況に合わせ、サイネージごとに異なるコンテンツを配信する。サイネージはネットワーク化により管理し、クラウド上で配信コンテンツ管理やスケジュール設定を行う。店舗やディスプレイごとに配信設定が可能。コンテンツは自社配信動画に加え、他企業のサイネージ広告配信を行う。

2.視聴データ分析・販売データと連携したレポーティング
サイネージとAIカメラの組み合わせにより、サイネージごとの視聴人数、視聴時間、性別、年齢層を計測し、データ分析及びレポーティングを行う。店内販売データと連携することで、効率的にサイネージの効果分析を行うこと可能となる。

3.自社開発によるコスト削減と機能アップデート
「イグニカサイネージサービス」は、U.S.M.Holdings の独自開発により、機能を最適化し、低価格でのサービス提供を実現している。また今後は公式モバイルアプリとの連携、配信コンテンツ・スケジュールの最適化などを可能とするAIレコメンドエンジンの搭載など、継続的な機能のアップデートを進めていく。

今回、筆者の近くのカスミが実施店舗となっていたので、早速店舗を訪問したが、まだ導入されていなかった。近々、再訪し、またレポートしたいと思う。