デジタルサイネージコンソーシアムがニューノーマルに関するウェビナーを開催

Digital Signage /

緊急事態宣言以降、「多数の者が利用する施設」の使用制限と全国的な「外出自粛」が行われました。電車や駅の利用者は減り、流通・飲食店舗は休業、イベントは中止など、デジタルサイネージが活躍する広告、販促、エンタメ各分野は厳しい状況を迎えています。
そのような環境の中でも「その時、その場所にいる人々に相応しいメッセージを伝える」というデジタルサイネージ表現の原点を実践したケースは多数見受けられました。
本セミナーでは、広告・販促分野での秀逸な活用事例を紹介しつつ、新しい生活様式への対応が求められている現在、
デジタルサイネージビジネスに何が求められているのか、各分野にまたがるマーケティング・ラボ部会のメンバーがパネルディスカッション形式で議論します。

一般社団法人デジタルサイネージコンソーシアム