1次流通と2次流通をつなげるメルカリステーションがオープン

IoT /

メルカリは、新宿マルイ本館(東京・新宿)の2階にコンセプトショップ「メルカリステーション」をオープンした。

メルカリは、2020年6月期第3四半期にはMAUが1657万人、GMVは1641億円に達している。ここからさらなる成長を果たすべく、メルカリは2019年から出品や梱包、売上金の使い方などメルカリの使い方を学べるオフラインイベントのメルカリ教室を開催している(現在はコロナの影響で休止中)。 さらに2020年2月には、メルカリとマルイは、業務提携してマルイのメルペイ決済の導入や、マルイウェブチャネルとメルカリの連携などの施策を進めると発表している(プレスリリース)。今回のショップ開設は、この業務提携による施策の1つとなる。

メルカリを始めるにあたってのサポートを行なうスペース。オープンなスペースとなっており、気軽にスタッフと会話できるようになっている。

奥まったスペースには、6人掛けの大きめの丸テーブルが2つと、サイネージ2台が並ぶ。ここでは、メルカリの使い方や出品方法を学べるメルカリ教室が開催される。いまはメルカリ教室は休止中のため、撮影やスタッフとのコミュニケーションに使われている。

縦長のモニターは「メルカリ売れ筋サイネージ」。取引が成立した商品がリアルタイムに表示される。どのようなものが、いくらぐらいで売れたのかが可視化されている。

出品する商品を撮影するための撮影用ブース。ハンガーフックや台が置かれており、洋服の撮影も行いやすい。

撮影ブースにはロール式の壁紙がいくつかあり、背景を変えて撮影できる。

撮影用の台もいくつか用意されており、小物の撮影環境もできる。

梱包や発送を行えるブースには、梱包した商品を投函できる「メルカリポスト」(画面右)と梱包資材のサイズ選定から行える「メルカリポスト+」(画面中央)が並んでいる。各種梱包材も用意されている。筆者が訪れているあいだにも、ヤマト運輸の集荷が来ていた。

メルカリでは、偽ブランド品や医薬品など、出品が禁止されているものが指定されている。メルカリステーションにいるスタッフはマルイの社員で細かいところまでは判定できないため、個々の商品の判定では、ブース内にあるライブチャット用の機材を通じてメルカリのサポートスタッフに相談することになる。

国民の1/10が使うようになったメルカリがこれ以上に成長していくには、単にオフラインにタッチポイントを拡大させていくだけでは足らず、残りの90%の人々が持つ不安をなくし、面倒を解消していくための懇切丁寧な取り組みが必要になると考えているのだろう。それはとてもよくわかる。その一方、1次流通のテナントを多く抱えるマルイが、館のなかに2次流通の雄を迎い入れたこの取り組みはどのような成果をもたらすのか。メルカリステーションの存在が、1次流通の活性化につながるのだろうか。なかなか気になる組み合わせだ。