UAEのOOHメディア企業BackLite MediaのOOH広告測定プラットフォーム

Digital Signage /

今年10月から開催予定だった「ドバイ万博」は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響で1年延期される方針となった(4月21日開催の博覧会国際事務局実行委員会で議論される)。参加国は192ヶ国、世界中から2500万人の集客を目指してきた「ドバイ万博」は 、YouTube公式チャンネル(Expo 2020 Dubai) の動画視聴回数が3.5億回などSNSを積極活用したプロモーションや、公式ホームページでオンラインマーケットプレイスを展開したり、MICE誘致やB2Bの機会創出の面でも興味深い。

Expo 2020 Dubai「Be There for The World’s Greatest Show」

万博の延期が正式に決まれば、UAEの観光業、広告など経済への影響は避けられないだろうが、万博会場前にデジタルサイネージを設置予定のBackLite Mediaは、ドバイのメイン通りやUAE内にOOHを設置運営しており、月12億超の携帯電話の位置情報を活用したOOH広告測定プラットフォーム:BackLite Intelligenceを立ち上げている。

BlackLite Media「EXPO2020」

広告主は、BackLite Intelligenceプラットフォームにより、OOHのオーディエンスを確認し、コンテンツを適切にターゲティング配信することが出来る。携帯電話の位置情報をOOHネットワーク全体にマッピングし、昼と夜の時間帯別の視聴率、行動データや人口統計情報なども広告主へ提供されるようだ。

Bill Fordyce, CEO of BackLite Media, said, “As the premier OOH media company in the UAE, we are committed to improving accountability and transparency and addressing long held concerns on audience measurement.

Campaign Middle East

日本でもオリンピックの延期による経済への影響も少なくないだろうし、外出自粛で特に屋外広告の影響は大きい。止まってしまっているビジネスも多いが、考える時間は増えているはずで、OOH関連企業は、オーディエンス測定に関する長年の懸案事項に取り組んでもらいたい。