ウィズコロナは無人レジを促進するのだろうか

AI/IoT /

モバイルオーダーアプリで事前に注文した商品を受け取るときに、棚から勝手に持ち去ることをOKとし、完全な待ち時間ゼロを実現しているクリスプ・サラダワークス(過去記事)が、COVID-19の感染拡大を受け、店内で飲食のできないテイクアウト・デリバリーのみのGRAB-AND-GO店舗に移行すると発表した(リリース)。

手前にあるモニターが、タッチパネル注文端末。店頭注文の場合は、これで決済まで行ってから、調理完了を待つことになる。
手前にあるモニターが、タッチパネル注文端末。店頭注文の場合は、これで決済まで行ってから、調理完了を待つことになる。

同店では、モバイルオーダーアプリのほか、店舗での注文でもタッチパネル端末で決済まで行ってから受け取るフローとなっているが、これはもともとは、スタッフが衛生的ではない現金を取り扱うことによる様々な無駄を省き、調理や接客に集中できる環境を作ることが目的だった。しかし、店頭における対面接客を通しての新型コロナウイルスの感染が脅威となると、今度はスタッフと客の双方を感染から守るソリューションになりつつある。とくにモバイルオーダーアプリからの注文であれば、あとは棚にある自分の商品を持ち去るだけなので、スタッフと客との接触を完全にゼロにすることができる。これであれば、スタッフと客の双方にとって安心となる。

モバイルオーダーアプリで注文すると、予約時間に注文した商品がここに並べられ、持ち去ることができる。スタッフとの接触はゼロになる。
モバイルオーダーアプリで注文すると、予約時間に注文した商品がここに並べられ、持ち去ることができる。スタッフとの接触はゼロになる。

これまでも、GASKETではAmazon Goのジャストウォークアウト、ローソン実験店舗でのウォークスルー、クリスプ・サラダワークスなどのモバイルオーダー、ユニクロやコンビニのセルフレジなど、新しい店舗のかたちを紹介してきた。これらは、リアル店舗でもECと同じような新しい顧客体験を作ろうとしたり、人手不足に対応したりするのが目的だった。しかし、新型コロナとの共生を強いられるウィズコロナの時代においては、さらにレジでの接触を防ぐことでスタッフと客の健康を守るとの役割が期待されることになる。これまではセルフレジの導入は、人手不足という店の都合との色合いが強く、店側から理解を求める形が多かった(例:「今のうちにセルフレジに慣れて、店員に優しくして…」とあるローソンの張り紙の主張がめちゃくちゃ強い…が、その内容は考えさせられるものだった)が、スタッフとの接触を最小限にしたいとの客側の都合も合致すれば、その利活用が加速するのではないだろうか。少なくとも、3月中旬の東京・麹町のセブン-イレブンでは、すでに有人レジよりも無人レジのほうが好まれて使われていた。

有人レジが空いているにも関わらず、無人レジを使う人のほうが多かった。
有人レジが空いているにも関わらず、無人レジを使う人のほうが多かった。

COVID-19の感染拡大によって世界経済にとって極めて厳しい事態だ。どこまで続くのか、1年で落ち着くのか、10年単位の戦いとなるのか、予断を許さない。しかし、こういうときだからこそ、新しいビジネスの機会をもとめていきたい。