「人が移動しなくてもいい社会をどう作るか」をテーマにライブトークセッションを配信します

LIVE! /

年6回開催するGASKETのライブバージョンであるLIVE! GASKETの4回目を、明日4月16日(木)の20時からライブ配信を行う。今回のテーマは、新型コロナ感染症の渦中にあって、人に会えない、移動できないという状況を前向きに捉えて考えるものだ。

もともとVol.04は、ちょうどInteropやデジタルサイネージジャパンが15日まで開催されている予定だったの、その関係者を招いてクロージングセッションを計画していたのである。ところがイベント自体が中止となり、内容はもちろん、LIVE!GASKETの実施自体をどうするかギリギリまで考えていた。

そんなタイミングでInteropがオンライン開催することになり、オープニングのセッションが13日にライブ配信された。その中で村井純氏から、こうした感染症に対してITができることについてのいくつかの示唆に富んだ発言があった。それを受けて、今回のLIVE!GASKETの開催形式と内容を決定した。

今回のテーマは壮大だ。当日用のたたき台としてこんな項目を考えている。
・最近まではどういう移動をしていましたか
 仕事、プライベート、ワーケーション?
・いま在宅勤務ができない人、できない職種
 その違いと、これからどうなるどうする
・通勤という行為、通勤時間
 地価はもちろん、都市計画にも影響してきた
・MaaS的な視点
 あれは移動がある前提での移動の効率化の話なのか?
・ANAのAvatar-inプラットフォーム
 移動しなくてもいい社会を模索している
・超ヒマ社会が来るのか
 モンキーワークはAIがやってくれるし、移動もしなくていい
 果たしてそれは楽園か、新たな試練の始まりか

出演してくださるかのうさんはLIVE!GASKETの初回にリアル参加してくださった方で最近関西に居住されたところ。もうお一方の川端さんはこのテーマを語るには最適な方だ。ライフ配信は明日4月16日(木)20時から、GASKETのFacebookページでライブ配信する。アーカイブも公開する予定である。