地下空間で世界最大 大阪メトロの梅田メトロビジョン

Digital Signage /

地下空間のディスプレイとしては世界最大ということでギネスブック公認の大阪メトロビジョン。長さは40メートルである。設置場所は大阪メトロの御堂筋線梅田駅、千里中央行き方面のホームである。

この場所は滞留する場所ではなく移動する場所なので、Insta360 GOで実際に歩いて撮影してみた。実際の目線に非常に近いので、現場の様子を擬似体験していただきたい。シャッタースピードを可変できないのでフリッカーが盛大に出ていることはご容赦願いたい。

この場所だとこちらの動線の方がメインの動きになる。

逆方向からの様子。

とにかく画面が大きい(長い)ことに加えて、視認距離が極めて近い。また傾斜をしているのも特徴。強制視認性は抜群に高いが、あまりにも近すぎるという点は否めない。これはコンテンツを工夫すればかなり強力な訴求媒体であり、工夫がないと伝わない。この媒体に特化したサイネージコンテンツを用意して表示できるかが鍵を握っている。