三越とビックカメラの協業は成功するのだろうか

IoT /

日本橋三越とビックカメラがタッグを組むというニュースを見たので、早速、オープン日の2月7日に「ビックカメラ 日本橋三越」を訪れた。

老舗の日本橋三越が経営再生で苦戦する中、遂に創業の地でも不動産賃貸に舵を切りはじめた。本館でないとはいえ、新館の6Fにビックカメラを出店したことがニュースになっていたが、ただの不動産賃貸ではなく、両社の協業の姿勢が感じられた。

ビックカメラの騒々しい店舗とは異なり、百貨店を意識した落ち着いた雰囲気を両社は演出していた。ここでは、赤いユニフォームを着たビッグカメラの店員が走り回るということはなく、スーツを着用した店員が「いらっしゃいませ」と笑顔で迎え入れてくれたのが印象的だ。三越の店員がビックカメラの店員におもてなしをレクチャーし、富裕層に家電を提案することで、Win-Winの関係を築こうといている。

約1200平方メートルの店舗の一部には「クオリティタイムゾーン」が設けられ、大きなソファとテーブルが置かれている。ここで、顧客のニーズをヒアリングしながら、最適な提案をし、富裕層を囲い込むことが両社の意図だ。売り場の一角には、百貨店限定モデルのハイエンドな家電が体験できるようになっている。

約360万円の8Kテレビやパナソニックビューティーのプレミアムシリーズ、フランスの高級オーディオ「DEVIALET」などを体験できる。コーヒーマシンや調理家電を使った試食もできるなど、体験型・交流型の店舗を目指している。

3世代が来店する三越ならではの取り組みが「スーパーサポートプレミアム」で、月額1万4800円(税込)のサブスクモデルをスタートした。顧客は、スマートフォンやデジタル家電、白物家電のフルサポートを受けられる。会員になると店員が自宅を訪問し、購入商品の説明や配送・設置や修理、消耗品のサポートを行うなど、至れり尽くせりのサービスを受けられる。

三越の売り場もIT化が進む。ビックカメラで採用している「電子棚札」によって、商品の値段を常に最新のものに変えられる。「ビックカメラ公式アプリ」を使えば、購入者のレビュー、商品情報、在庫などもチェックできる。

三越のおもてなしとビックカメラの家電に関する専門的品揃えという強みを組み合わせたこの店舗だが、少し中途半端な感じを筆者は受けた。確かにハイエンドな商品が陳列され、「クオリティタイムゾーン」が設けられたが、売り場の半分以上は今までのビックカメラの店舗と同じ印象だ。

三越に来客する顧客を考えれば、商品数を減らし、もう少し体験型の店舗にしてもよかったのではなかろうか?富裕層にIoT家電の未来を提案するなど、別のアプローチをしたほうが、ビックカメラの既存店との差別化をはかれたはずだ。ただ単に家電商品を展示するだけでなく、家電のコーディネートや新しいライフスタイルを提案し、満足度を高めなければ、三越の顧客は納得しないのではないだろうか?という疑問が残った。