【CES2020】Vol.10 映像、ディスプレイ関連では当たり前のように8Kが主流

AI/IoT/Media /

CES2020では完全に8Kが主流である。グローバルで市場を牽引する中国では、日本よりも画面サイズが大きく、70インチ以上の大画面市場が明確に存在するからだ。75インチ以上の超大画面では4Kでは解像度が足りないので、アップコンバートする前提で8Kパネル、というのが当然の方向性ということだ。

中国メーカーは8K一色である。20年ほどCESを定点観測していると、10年ほど前は日本と韓国メーカーが薄型大画面で競い合っていたが、いまでは完全に中国メーカーの存在感に圧倒される。

Skyworthブース
Hisenseブース
TCLブース

なぜこうなったのか。

テレビ関連産業は、2Kまでコンテンツ、制作環境、伝送路、表示装置が連動して市場、エコシステムを形成してきた。しかし、4K以降はこれが完全に崩れ去った。4Kコンテンツがなくても、4K放送が行われなくても、前述の理由や技術の工場と生産施術によってディスプレイパネルは4Kが主流となった。同じ理由で、2020年以降は8Kが主流になる。8K放送が行われているのは世界で日本だけであるが、そこは全く関係ない。

好むと好まざるとにかかわらず、8Kに向かう理由は2つ。一つは伝送路にネットを使うことが可能なこと。もう一つは超解像によるアップコンバートで、アップコンバートはAI技術によって格段に進化している。たとえばサムスンブースでは、2Kソースを8Kディスプレイにアップコンバートして表示をして比較をしていた。素人目には、ではなく誰が見てもアップコンでも十二分に綺麗に見えるし、その価値がある。

サムスンブースのAIによるアップコンバートのデモ
映像ソースの切替え
超解像にAIを活用知ることで見た目での印象が格段に向上した。

日本では4K=4K放送、8K=8K放送という、かつてのコンテンツ、制作環境、伝送路、表示装置の連動したビジネスに未だに囚われすぎている。「放送もやってないのに何を見るのだ」という考え方が深く根付いてしまっている。一方、日本の視聴者側はCS放送以降、技術や制度の細かいことは全然良くわかっていないが、大きいこと、綺麗なことには当然好意的に反応する。価格さえ伴えば、である。「ハイビジョンテレビを買えばテレビとDVDがハイビジョン」で見られるという、良くも悪くもそのレベルでしか無い。同じことが、8Kテレビを買えばきれいな8Kで見られるという考えになる。流石にDVD=ハイビジョンまで酷くはないが、実際に量販店の売り場に行くと、「オリンピックが8Kで見られます、テレビ(地上波)やDVD、ブルーレイも今よりきれいに見られます」というセールストークを聞くことができる。そしてそれは前述の通り、紛れもない事実である。

すでに50インチの4Kテレビは3万円台で購入することができる。80インチの8Kテレビも3年後にはきっとそうなる。こうしたことは、デジタル化以降に十分予測できたことだ。何度も繰り返すが、いまはコンテンツ、制作環境、伝送路、表示装置はそれぞれ独立している。独立して進化をしている。そのことを放送。映像関係者はしっかりと認識するべきである。

Tags: