【CES2020】Vol.05 ソニーのバーチャル プロダクション ソフトウエア Atom View

AI/Media /

CESのソニーブースには、ここはNABかと思うようなデモエリアがあった。バーチャル プロダクション ソフトウエア「Atom View」である。

ブースで行われたデモの全景をご覧いただこう。

リアルな車が置いてあり、レール上をカメラが移動している。背景にはソニーの超高精細大型ディスプレイであるCrystal LED設置され、そこは「カメラの抜けに映るべき映像」がカメラの動きに合わせて大きさと角度を変えて表示されている。最終的なアウトプット映像は上部に見えているディスプレイで確認することができる。

「Atom View」はリアルに存在するオブジェクトをスキャンして3DCGモデルに変換できるソフトウェアである。更に、奥行き方向の情報を持つボリュメトリックカメラや他のグラフィック制作ソフト、もしくは全方位LiDARイメージングユニットによってキャプチャしたデータを取り込み、3DCGモデルに変換できる。Atom Viewは、Sony Innovation Studiosが昨年買収したNurulize社のソフトウエアである。詳細はこちらで確認することができる。