【IBC2019】Vol.03 Huaweiの子会社HiSiliconは8K+AIを自社SoCで実現

AI/Media /

HiSiliconはHuaweiの子会社で、主にSoCの開発製造会社である。同社のSoCである「Kirin」はアップル、クアルコムと同様の、世界最先端レベルのハイエンドスマートフォン向けのチップセットだ。

そんなHiSiliconが8K+AIというキーワードを全面に出してIBCに参戦した。同社のIBC参加は2、3年前からだと思う。8K+AIといっても、HiSiliconは家電メーカーではないので、こういう8Kテレビを発売しますいう意味ではない。今回の展示は8K AVS3エンコーダー(AVS Audio Video Standardは主に中国で使用されている最大8Kの解像度をサポートする新世代のビデオコーデック)、同社の最新のSoCであるHi3796CV300を搭載した8K AVS3デコーダーが一体化したBOX、および8Kディスプレイで構成されている。SoCに組み込まれたAI処理専用ユニットNPU(Neural Processing Unit)は,Big-CoreとTiny-Coreを組み合わせた「Da Vinciアーキテクチャ」を採用している。このNPUは同社の最新SoC「Kirin 990」にも搭載され、かつ4Gと5Gの両方に対応したことがIFA2019で話題になったばかりだ。

Beyond Realityとタイトルされた展示。表示される映像の画質に関しては正直今ひとつだ。
今回のデモ環境の内容。左側の部分がBOX化されている
この状態で製品化されることはないと思うが

さらにKirin 990はスマートフォン用のSoCだが、テレビのSoCともはや何ら変わることがない。つまり5Gスマートフォンで8Kを表示することが可能な世界に突入する。だからといってスマートホンはせいぜい6インチ程度の画面サイズなので、そこに8Kを表示しても意味はない。確かに意味はないが、逆に言えばテレビとスマートフォンを分ける意味も無くなることを意味する。開発リソースもアプリケーションも、すべてが8K+エッジAIで共通化されていく可能性を示唆しているのだ。そしてそれらをネットワーク化するのが5Gであり、近い将来にはKieinが8Kテレビに搭載されることになるのかもしれない。

これらは8K放送のSTBの話ではなく、End to Endの8Kであり、8K映像入力、8Kデコード、および8K TVディスプレイをカバーし、映像が完全に8K時代に入ることを示している。日本のように8Kディスプレイは高いとか大きいとか、8K放送は普及しない、などというレベルの議論のみに終止しているのとはあまりにも格差が大きい。

Da Vinciアーキテクチャ上でのディープラーニングのアルゴリズムは、ビットレートを大幅に削減し、ストレージコストを節約できる可能性ができたり、コンテンツ解析においては空間深度情報を取得し、今まで以上の高度な分析を可能にさせるものだ。

こうしたIBCでの状況を受けてかどうかはわからないが、親会社のHuaweiが9月19日にスマートテレビを発表した。OSは同社の独自OSであるHarmonyだ。解像度こそ4Kであるが、内蔵しているカメラでテレビの前の人物や動きを認識する。 こうした人物の認識は、音声UIとあわせて物理リモコンからの解放をもたらすかもしれない。

【関連記事】
【IBC2019】Vol.01 エッジAIカメラが地味に来ている
【IBC2019】Vol.02 石の上にも3年目、ドコモのサイレントなドローンはオリンピック狙いか
【IBC2019】Vol.03 Huaweiの子会社HiSiliconは8K+AIを自社SoCで実現
【IBC2019】Vol.04 Future Zoneの基調講演がブロックチェーンだったのだが
【IBC2019】Vol.05 メディアやエンターテインメントでのAIと機械学習
【IBC2019】Vol.06 ブラックマジックデザインの295ドルのスイッチャー
【IBC2019】Vol.07 Huaweiが示す5G以降の世界観
【IBC2019】Vol.08 なぜか注目されないInsta360 GO
【IBC2019】Vol.09 撮影照明もIoT化するARRIのOrbiter
【IBC2019】Vol.10 君はCHANHONGを知っているか
【IBC2019】Vol.11 Nikonの子会社のPOLYMOTIONのAIカメラ制御システム
【IBC2019】Vol.12 欧州における5Gブロードキャストの実証実験
【IBC2019】Vol.13 テニス全仏オープンでの8K・5G映像配信の報告

【関連記事】
・FPGAはエッジAIの選択肢になるか
・学習も端末で行うようになるエッジAI
・エッジAIはコト売りのビジネスになる
・エッジAIは単機能化してサブスクリプションモデルに向かう
・今年に入ってからエッジAIボードが続々と登場している
・エッジAIは熟練職人を求めている
・エッジAIの動向とハードウェアに与える影響
・エッジAIがIoTの主流になる
・Raspberry Piで実現させるエッジAIテクノロジー
・フォグコンピューティングとエッジコンピューティングとは何か?
・品質保証に苦しむIoT、エッジコンピューティングの現場
・RaspberryPi 4が新登場。エッジAIとIoTの覇権争いは続く
・PoEはエッジコンピューティングを救うか
・音声ではない「音」のAI~意外に聞かない音声信号のAI処理