【ソウル2019】誤解されやすい5Gと次の時代のスマホに該当するもの

AI/Blockchain/IoT/Media /

韓国の5Gについては、ソウルのKTスクエアの話を2019年5月15日の記事で紹介していて、この記事はアクセスもかなり多い。そこで筆者も現地で5Gを体験してみたのだが、感想はまさに前述の記事のとおり。まだまだこれからとも言えるし、超高速とか低遅延、同時多接続といった5Gのメリットはそもそも今言うところのスマホ向けではない、とも言える。それはケーブルテレビのワイヤレス化だったり、工場や病院内でのセンシングだったりするのだろう。つまり我々はまだ、5G時代におけるスマホ(に該当するもの)を未だ発明していないということだと思った。

KTスクエアの2階にはそんな5Gの近未来を展示するショールームエリア「 Gallery future」 がある。写真で紹介してみよう。

2階への階段には未来に誘う映像が表示されている
展示内容の説明。まあ普通
結構広い空間に複数のユースケースが展示してある
街の中の様々な場所で5Gがどう使われるかというデモ。真ん中にあるオブジェクトをディスプレイに置くと、そこでのユースケースが表示されるインタラクティブな展示
監視カメラをIPネットワークで共有監視するというデモ
ドローンで災害現場から高画質伝送をして対策を講じるというデモ

このように展示内容はB2Bばかりだ。うーん、地味だ。「5Gに対応したiPhoneはどんなに素晴らしい世界がもたらしてくれるのだろう」といったことをイメージしながら展示を見ると、完璧に失望することになる。地味なのである。ちなみに筆者はNTTドコモの本社にある5Gショールーム(法人ルートで予約が必要)も体験しているが、KTスクエアよりは華やかだが、やはり地味なのである。

1,2,3,4Gとケータイの進化を経験してきた我々からすると、次なる5Gには過度なな期待がかかってしまう。それは間違いではないし、実際素晴らしい世界をもたらすと思うのだが、それはiPhone XIでもXIIになっても今とあまり代わり映えがしないような気がする。手のひらサイズで視覚を起点に指先で操作するというインターフェイスに留まっている限り、筆者は今のスタイルのスマホは限界に近いと見ている。では進化はこれ以上無いのかと言うと全然そうではなくて、UIなり形状が変わる、機能が変わることによって別の物になるに違いない。

たとえば乗換案内は東京ではだれもがよく使うサービスだが、あれは手の中のスマホの小さい画面を見て操作することなく情報が得られた方がいいに決まっているわけだ。そのためにはいくらでも別の方法が考えられる。究極は脳内の電気信号を把握して、探索結果をやはり脳内に電気信号で返せばいい。そこまで一気には行けないが、今のスタイル、UIUXはどう考えてもめんどくさい。

ついこの前、ガラケーからスマホに乗り遅れた企業や国があったように、次世代スマホへの移り変わりが今始まろうとしているはずなのだ。

KT squareをあとにして地下鉄駅まで向かう途中のこんな場所に、ギャラクシーノート10の5G版の広告があった。

【関連記事】
・【ソウル2019】誤解されやすい5Gと次の時代のスマホに該当するもの
・韓国で5Gを体験してみて感じた「もうすぐ到来する世界」
・MWC2019に見たスマートフォンの終焉と新たな時代を考えるヒント
・車やビルのガラスが5Gのアンテナになる
・【DSE2019】Vol.01 クアルコムがDSEに初参戦「2,3年後にはすべてのサイネージ端末が5Gに接続する」
・5Gにまつわるウソとホント

【関連記事】
・交通標識はデジタルサイネージである
・【ソウル2019】emart everydayのセルフレジはユニーク
・【ソウル2019】セブンイレブン シグネチャーのAIロボ ブニ君の出番なし
・【ソウル2019】無人コスメショップ innisfree #Self Store体験は結構スマートだった
・【ソウル2019】インチョン空港T1のエレベーターサイネージ
・【ソウル2019】世界で2番目にタッチされているCOEXMALLのフロアガイド
・【ソウル2019】COEXのデジタルサイネージを詰め合わせでご紹介
・【ソウル2019】観光案内サイネージと通訳電話アプリの連携プレー
・【ソウル2019】リアルとバーチャルが溶け合う Samsung d’lightの展示手法
・【ソウル2019】インチョン空港の案内ロボットはお昼寝中
・【ソウル2019】暮らしに花が溶け込んでいる街は豊かだ・花の自販機
・【ソウル2019】オリジナルデザインの交通カードが作れる