【ソウル2019】インチョン空港T1のエレベーターサイネージ

Digital Signage /

韓国訪問は4年ぶりで、その前2回とも金浦空港を使っているので、今回はインチョン空港を久しぶりに利用した。インチョンと言えば、2015年に設置されたLGの巨大なOLEDが話題になったが筆者は見たことがなく、今回楽しみにしていたのだがすでに撤去されていた。代わりにと言っては何だが、エレベーターのサイネージがなかなか迫力があったので紹介しておく。

場所はT1のど真ん中。到着フロアからも出発フロアからも必ず目に入るはずだ。T1の中央部の吹き抜け部分、高さにして4階相当だと思うが、ここにあるエレベーターの外側とカゴの中の両方から見ることができる。まずは外側の様子の動画から。

動画や写真ではわかりにくいが、ものすごく大きい。高さだけで言うとロサンゼルス空港の国際線ターミナルのサイネージよりも高いように感じる。そして何よりも解像度が高い。近寄ってみると多分2.9ミリピッチではないかと思う。コンテンツは広告とインフォメーションの両方だった。

真下から仰ぎ見てもドットはほどんと確認できない
ドアが空いていたので中はこんな感じ

そして念の為にエレベーターに乗ってみると、裏側、つまり内側にも全面LEDが装着されているではないか。エレベーターカゴはガラス貼りなので中から見ることができる。その動画はこちら。

コンテンツは筆者が見たときには環境映像的なものだった。上下動するエレべーターから見るコンテンツなので、若干それを意識したものにはなっているが、カゴの上下の動きに連動はしていない。これはエレベーターは左右2機設置されていて、ディスプレイは1面として構成されているためだ。せっかくなので左右2面構成にして動きと連動させたらすごく楽しいと思った。

【関連記事】
・交通標識はデジタルサイネージである
・【ソウル2019】emart everydayのセルフレジはユニーク
・【ソウル2019】セブンイレブン シグネチャーのAIロボ ブニ君の出番なし
・【ソウル2019】無人コスメショップ innisfree #Self Store体験は結構スマートだった
・【ソウル2019】インチョン空港T1のエレベーターサイネージ
・【ソウル2019】世界で2番目にタッチされているCOEXMALLのフロアガイド
・【ソウル2019】COEXのデジタルサイネージを詰め合わせでご紹介