洗濯、撮影、出品、出荷。メルカリとコインランドリーの新たな試み

IoT /

メルカリとコインランドリー店を展開しているTOSEIが連携し、撮影ブースを設置した実証実験を首都圏3箇所にて6月26日より開始した。

コインランドリーで服を洗って乾かしたら、そのまま横にある、メルカリ出品用の写真を撮れるスペースがある。筆者が実際訪問した川口並木店では撮影用とは言っても専用の照明や演出があるわけではなく簡易的なものだが、自宅にて自分でセッティングして撮影するより、出品用の写真として十分なクオリティになりそうだ。

川口並木店の撮影ブース。
特別な照明などはないが、店内は十分明るいので撮影は問題なさそうだ。
東中野店の様子。店内はおしゃれな雰囲気だ。撮影用の照明もついている。(メルカリプレスリリースより

さらに、紙メジャーも用意されており、寸法もその場で測ることができる。

撮影スペースの横には宅配用のセットが何種類か置いてあり、すぐに梱包ができる。メルカリのロゴが入った「らくらくメルカリ便」という、種類のものがいくつか見受けられた。(プレスリリースによると、無料梱包資材は無くなり次第終了のようだ。

これは、メルカリにて出品する際、メルカリのWEBの取引画面で発送の手配をすると、荷物にラベルを貼らなくても集荷時にヤマト運輸のドライバーに送り状番号を提示すればそのまま発送することができる。

メルカリの宅急便コンパクト

さらに川口並木店にはコインランドリーにPUDOという宅配便ロッカーステーションが併設されており、「らくらくメルカリ便」の対象となる荷物を入れ、メルカリ上で発行された送付用の2次元コードを操作画面下の読み切り機でスキャンすれば、あとはロッカーに入れるだけで荷物を発送することができる。

宅配便ロッカーPUDOステーション。真ん中にあるサイネージで操作をし、すぐ下にあるカメラからスキャンができる。

洗えて、クオリティの高い写真が撮れて、すぐに出品できる。大変便利である。が、初めてその話を聞いたとき、確かに便利ではあるが、写真のクオリティは別にしても、自宅で洗って、コンビニか何かで出品するのだとそこまで良いことはないのではなかろうかという疑問があった。しかし、今回実際導入された店舗を見てきて気づいたことがある。

出品した衣服が清潔であることをアピールできる。

撮影スペースのところにショップカードのようなものがあった。手に取ってみるとショップカードではなく、受取手に送るために商品に同梱するThank youカード。裏にはメルカリとコインランドリーのイラストが入っている。

さらに、専用の撮影ブースで撮影すると、背景にThank youカードのイラストと同じものが映り込む仕様になっている。

これを入れることにより、受取手にコインランドリーで商品が洗濯済みであることをアピールすることができる。さらに、このコインランドリーのシステムがメルカリユーザーに浸透すれば、撮影セットで出品写真のクオリティが高いだけでなく、清潔であることのアピールをすることができるようになる。

なるほど、ユーザーをリサーチしなければなかなか気づくことができないポイントだ。今回もTOSEI側が実際コインランドリーで洗い立ての服を撮影している利用者を見つけたことから始まっているようだ。現場での小さな気づきが、そのまま大きなビジネスチャンスに繋がったのである。

【関連記事】
・これは便利だ、AQUAのIoTコインランドリー
・洗濯、撮影、出品、出荷。メルカリとコインランドリーの新たな試み