デルタ航空の太っ腹キャンペーンの中途半端なデジタル対応

IoT /

デルタ航空の「ニッポン500マイルキャンペーン」をご存知だろうか。日本の国内線の全航空会社の全路線に搭乗すると、片道に付きデルタ航空のマイレージが500マイルもらえるというものだ。この応募方法が今年から変更になったのだが、この変更に対しての感想が人によって異なるのである。

まずこのニッポン500マイルについて今一度内容を紹介しておく。下記はデルタ航空のWEBからのコピペである。

すべての日本国内線で500ボーナスマイルをご獲得いただけます。対象となるフライトは日本国内定期路線(すべての航空会社。スカイチーム加盟航空会社に限りません)、期間は2020年3月31日までです。

ご旅行期間:2019年4月1日~2020年3月31日

対象となるフライト:日本国内定期路線(すべての航空会社・運賃・クラス)

ボーナスマイル:国内線のご利用1回につき500ボーナスマイル。キャンペーン期間中、一般会員の方は、お一人様最大10フライト分(合計5,000マイル)まで、メダリオン会員の方は、お一人様最大40フライト分(合計20,000マイル)までご獲得いただけます。

航空会社を一切問わず、それが無料の特典航空券であっても、国内線に乗ると500マイルくれるというもの。デルタ航空からすると他社の顧客に自社のマイルをプレゼントするということだ。このキャンペーンは10年以上ずっと継続されている。キャンペーンの目的は今ひとつよくわからない。これによるブランドスイッチを期待しているのか、あるいはマーケティングデータの収集なのか。とにかくある意味太っ腹のキャンペーンである。筆者の場合は10年以上の通算で15万マイルくらいはもらったと思う。国内線に乗るだけでデルタ航空でのアメリカ2往復分のフライトがタダになった。

さてこのキャンペーンのこの応募方法は、先日まで専用の応募用紙をダウンロードし、それに必要事項を記入し、搭乗券などを貼ってFAXまたは郵送で送るというもの。先日までのやり方を再現すると下の写真のようなものをFAXするのである。

そして最近変わった応募方法は次のとおりだ。

ニッポン500マイルキャンペーン・ボーナスマイル加算申請フォームをプリントアウトし必要事項をご記入の上、搭乗券とともに添付(JPG、PNG、もしくはPDF形式:最大2MB)にてJapan500@delta.comへEメールでお送りください。

FAX、郵送からメールになったわけだ。これだけ聞くと今の時代郵送やFAXなんて全時代的なものからメールになるのは当然のことだ、ということになる。しかし、筆者は実際にやってみて必ずしもそうは思っていないのだ。

キャンペーンの応募条件に、搭乗券(またはそれに準ずるもの)を提出が求められている。これらはすべてアナログの「紙」である。これをメールで送るには、スキャンするか写真を撮ってデジタイズする必要がある。また上記の加算申請フォームはなぜかPDFだけでしか提供されていない。PDFへの必要事項の記入は、プリントアウトして手書きか、PDFそのものを編集する方法もあるがそれはそれなりに面倒だ。手書きしたとしてもそれはまた「紙」なので、これをメールで送ろうとするとスキャンするか、やはり写真を撮る必要がある。それらを行って初めてデジタル化された応募のための必要なパーツが揃い、やっとメールで送ることになる。

筆者が昭和脳だからなのかも知れないが、このやり方だと本来便利なはずのメールによるデジタル応募が全然便利ではない。むしろ面倒になったとさえ思う。なぜSNSやブログなどの更新のように、スマホで撮って、記入事項はWEBから入力させないのだろう。基本となる加算申請フォームがPDFなのが一番不思議である。この事実から推測するに、まさかPDFを人間がデータ化のために手入力しているとは考えにくく、OCR認識しているともあまり思えない。つまり会員番号以外の要素は実はマーケティングデータとして利用されていないのではないか?と勘ぐりたくなる。

中途半端なデジタル対応によって利便性が失われているような気がするのだが。