ソニーミュージックがブロックチェーンを本格導入

AI /

ソニーミュージックは6月11日、ブロックチェーンを利用した音楽の権利管理を実現するために、AWSと共同で取り組む方針を明らかにした。

すでにソニーグループは2018年10月15日付で、ブロックチェーン技術を使ったデジタルコンテンツの権利情報処理システムの開発することを発表しており、さらに2019年4月5日には、ソニーミュージックがブロックチェーンを利用した音楽制作プラットフォーム「soundmain」のティザーサイトをオープンしている。

このsoundmainは、ニュースリリースによると

■ブロックチェーン・テクノロジーを活かした新システムを開発
ソニーグループは、2018年10月に発表した「ブロックチェーン基盤を活用したデジタルコンテンツの権利情報処理システム」に、音楽著作権の登録機能を追加して、音楽クリエイターの権利情報処理に関する作業効率を高めた新システムを開発しました。本システムには、複数権利者間の同意をブロックチェーン上に記録する機能や、ブロックチェーン上の記録を利用して著作権の登録を効率的に処理する機能が搭載されています。

■AIテクノロジーで音楽クリエイターの創作活動を支援
ソニー株式会社は、AIテクノロジーを利用した音源分離など、音楽制作作業の補助に役立つ技術を開発しています。「soundmain」プラットフォームはこの技術を活用して、音楽クリエイターの創作活動を支援するサービスの実現を目指します。

となっている。対象となる範囲のイメージがプロ・アマなどのどの範囲を想定しているのかは現時点ではっきりしない。AIに関しては音源分離、音楽制作作業の補助と記載されており、AIで作曲そのものを行うという趣旨のことは記載されていない。

ブロックチェーンのコンテンツ領域での利用に、業界最大手の一つであるソニーグループが本格参入することは非常に大きな意味を持つ。

Tags: