【DSJ2019】SONYのCrystal LEDがDSJに初登場

Digital Signage /

息を呑むほどの圧倒的な美しさを誇るソニーのCrystal LED(旧CLEDIS)がついにDSJに初登場した。何年も前から海外や映像系の展示会では出品していたり、例えば新宿のアップルストアに導入されているのでご覧になった人も多いだろう。ところがなぜが本丸とも言えるDSJには今回が初登場だ。

筆者の周りでも初めて見るという人が結構多く、全員が「凄い」という感想を聞かせてくれた。

こちらは4Kピクチャーウインドウというサービス。窓に見立てた1台から複数台のソニーの業務用4Kディスプレイ ブラビアに、ランドスキップ社の提供する4K/8Kの風景コンテンツを映し出し、ジャパンマテリアル社の提供するデジタルサイネージ向けメディアプレーヤー「BrightSign」を使用して遠隔制御することで、これまでの2Kのサイネージとは異なる風景演出を行う。こうした取り組みは過去にも他社が行ってきたが今回は総合的なクオリティの高さを特徴とする。

VACAN社の事例なども含め、ブラビアを利用したデジタルサイネージの事例を紹介。

日本フォームサービスとのコラボレーションによるミラーサイネージMIRRAD(ミラアド)も展示。他社の例と比較するとミラーが最も普通のミラーっぽくきれいに映るので、表示する映像との区別がつかない。これは悪いことではなく、ミラーがメインで映像をオン・オフするという前提であれば、鏡に映る映像とサイネージの映像が一体化できる演出効果を狙うものだと思う。

【関連記事】
・【DSJ2019】三菱電機 カンタンサイネージに4K版が登場
・【DSJ2019】HDMI入力可能な電子ペーパーがついに登場
・【DSJ2019】BOEはどこに行くのだろう
・【DSJ2019】LIVE BOARD神内社長が基調講演「Power of OOH」で登壇
・【DSJ2019】SONYのCrystal LEDがDSJに初登場
・【DSJ2019】ちょっと気になる表示装置
・【DSJ2019】直前情報!GASKET的これは行っとけセッション6選
・DSJ2020のテーマは「街に溶け込むインターネット」ではどうだ