深セン雑感その2 デザイン性の高いクルマと電車

IoT /

深センはITの街として注目されている。その中心に君臨するのがWeChatを運用しているテンセントの新本社ビルである。そのデザインは非常にユニークだ。ネットの事前情報では中に入ることもできて、1Fにあるカフェテリアでは食事もできると書いてあったが、残念ながら入り口には警備員がいて立ち入りはできないとのことだった。

ユニークなデザインのテンセント新本社ビル

仕方がないのでエントランスの脇に回ってみたところ、写真のようなクルマが何台も止まっていた。そうである、グーグルストリートビューのテンセント版であるSOSO街景の撮影車両であることはすぐにわかった。

カメラはグーグルのそれよりも小型でスマートだ。

どちらかというとグーグルの車両よりもはるかにスマートに仕上がっている気がする。試しに2018年7月に完成したテンセント新本周辺を見てみると下記の通りだ。

SOSO街景でみたテンセント新本社ビル

クリマ関連でいうと、深センの市バスとタクシーはすでにすべてEVカーである。そのせいかどうかはわからないが、空気が汚いという印象は全く感じない。

EVタクシー

続いてはこれも2019年の4月に移転したばかりの深センの蛇口フェリーターミナルビルだ。

あまりにも広大な空間であるため写真ではサイズ感が伝わらないと思う。写真の右中央にあるのは巨大なLEDディスプレイ
近寄ると大きさがわかるだろう。
こちらも同じくらいの大きさ。
左はフェリーの発着情報、右は広告
中央下段のディスプレイは館内店舗のプロモーション。上段は消灯していてわからなかった。

最後は新幹線だ。広深港高速鉄道は2018年9月に香港から深センの間も開通した。香港から深センまで14分、広州まで47分だ。

西九龍駅ホームに到着した
このタイプの車内サイネージ。あまり大きくないので視認性は良くない。
LCDとLED
ディスプレイ面の処理がフラットにまとめられているのがわかるだろうか。こういう繊細な配慮は日本の鉄道では見たことがない。

中国は「こうしたディテールのデザインには頓着がない」と思っている日本人はとても多いと思う。もちろんド派手なカラーや、デザインのかけらもないという部分は当然ある。でもそれは日本も同じだ。そして何より、たかが電車の中のインテリアであるが、ディスプレイ装置周りのごくごく細かい部分をたまたま注目して見ただけだが、上記の写真のようなデザインにするためにはこれがいいと誰かが思い、これを実現するためにはコストが若干高くなるがそれが容認されていることだ。繰り返すが日本でこういう気配りを見たことがない。

こうした交通機関を見ても深センは日本の先を行っている部分ばかりが目立つのである。

【関連記事】
・深センに行くのでWeChat Payにポケットチェンジでチャージした
・深センでWeChatを使って思う 実は後ろ向きな日本のインバウンド政策
・深セン地鉄の動画ストリーミングは緊急時なら日本でも使えるのではないか
・深セン雑感その1 意外にいい感じのHUAWEIのアナログ店頭ディスプレイなど
・深セン雑感その2 デザイン性の高いクルマと電車