深センに行くのでWeChat Payにポケットチェンジでチャージした

IoT /

深センに行くのでWeChat Payにチャージをした。現金が使えないとか、無人の店舗がたくさんあるとか、ライトショーがすごいとか、それらを確認に行くためである。

WeChatのアカウントはずいぶん前に取得済みで、何回も使っているが、WeChat Payは利用したことがない。ネットで調べるとすぐに分かるのだが、結論としてはPocketchangeという端末を介してチャージする以外に方法はないことがわかる。

端末の上にデジタルサイネージディスプレイも付いていた

Pocketchangeは国際線が飛んでいる主な空港などに設置されている。首都圏では渋谷のメガドンキ、横浜や川崎など合計16箇所あるので比較的便利である。このPocketchangeは2016年からサービスを始めており、筆者は羽田や成田で何度も何度も見かけている。基本的には余った外貨を電子マネーに交換する端末という理解である。個人的には、余った外貨は紙幣はそのまま次回の渡航まで保管し、小銭は空港の到着ロビーにあるユニセフの募金箱に入れてしまうので、外貨を日本円に戻すということは200回を超える渡航で数回しかない。

そのため、Pocketchangeが登場したときには果たしてどれくらいのニーズがあるのだろうか、ビジネスとして成立するのだろうかと気にはなっていた。よく考えれば、空港や街ナカに両替屋というのは結構たくさんあって、それなりに成立しているようなので大丈夫なのかもしれない。それこそ無人の端末なので、案外運用コストはかからないと見るべきなのだろうか。

日本はまだまだ治安がいいので、端末を破壊するとか、持ち去られることはないだろうから成立するのかもしれない。一番気になるのは紙幣の読み取りである。現在日本円・米ドル・ユーロ・中国元・韓国ウォン、台湾ドル・シンガポールドル・香港ドル・タイバーツ・ベトナムドンの10カ国の通貨に対応している。紙幣の読み取りというものがどれくらいの精度や難易度を要求されるのかわからないが、ニセ札を掴まされないもののかなあと心配になる。

今回は手元にあったベトナムドンと人民元からチャージしたが、かなりボロボロの紙幣も混ざっていてもあっさりと読み込んでくれた。端末のUIはとてもわかり易くて良好である。

WerChat Payへのチャージの手順は
・どの通貨からチャージするかを選ぶ
・紙幣を読み込ませる
・レートを確認する
・QRコードの書かれたレシートがプリントされる
・アプリ側でQRコードを読み込む
・SMSで認証コードが届く
・チャージ完了
という順序だ。最後のSMS認証からチャージ完了までの部分だけ少し時間がかかった。3分位だろうか。

チャージ完了の画面。このあと数分でウオレット内に金額が確認できた。
ウオレット内に415.71元がチャージされた。

もう一つ驚いたのは、たまたまなのかもしれないが、筆者がチャージしていると次に待っている人がいたことだ。興味があったので話してみたところ、筆者と同じくWeChat Payへチャージをするとのこと。仕事で中国に何度も行っている人だった。

【関連記事】
・深センに行くのでWeChat Payにポケットチェンジでチャージした
・深センでWeChatを使って思う 実は後ろ向きな日本のインバウンド政策
・深セン地鉄の動画ストリーミングは緊急時なら日本でも使えるのではないか
・深セン雑感その1 意外にいい感じのHUAWEIのアナログ店頭ディスプレイなど
・深セン雑感その2 デザイン性の高いクルマと電車