エッジAIは単機能化してサブスクリプションモデルに向かう

かなり近い将来、目的を完全に絞り込んだ最小機能でかつ、“何をするもの、何を解決するもの”、と一言で言い切れるソリューションが次々とリリースされていくのではないだろうか。当然、クラウドドライブではなくエッジドライブAIとなる。例えば、小さなWEBカメラみたいなカタチをしていて人気飲食店の前に設置するだけで、平均の待ち時間が表示されます。とか、飲食店のHPに予想待ち時間が自動的に表示されます。こんな商品、サービスのイメージだ。