【DSE2019】Vol.05 DSEにおけるAIやIoTの実情

AI/Digital Signage/IoT /

AIによる画像認識をリテールなとのデジタルサイネージに利用する提案は、すでに記事にしたクアルコムをはじめとして、日本のメディアエッジのAD MobilizeやCyberLInkのFaceMe、更にサムスンも行っていた。これらのAI処理の多くはクラウド側ではなくエッジ側で行うものが、セキュリティと通信速度の両面から主流になりつつある。

クアルコムのSnapdragon845を搭載したThundercommの「TurboX AI Kit」
CyberLInkのFaceMe
日本のメディアエッジのAD Mobilize

またIoTとデジタルサイネージ連携に関しては、台湾のQbic Technologyは、センサーを利用したファシリティマネージメントシステムとしての一環としてのデジタルサイネージの利用を提唱していた。これはモーション&サーマルセンサーによる在席管理や、会議室の予約などにセンサーとサイネージディスプレイにより可視化を行うものである。

こうしたAIやIoTをデジタルサイネージに取り入れていく、という流れは日米どちらもデジタルサイネージ業界側では実はさほど意識されていない。遅れている。関心が薄い。知見がない。

CESやリテール系のイベントに足を運べば一目瞭然だが、AI業界、IT業界、リテール業界ではそれしか眼中にないくらいの勢いである。特にカメラを使ったエッジAI案件が水面下で驚くほど活発だ。デジタルサイネージ業界がこれにチャッチアップできなくても別に構わないのだが、大きなビジネスチャンスを失することになることが気にかかる。少しでもそうならないように、6月のDSJ2019では新企画「NextRetailing」が開催される。GASKETはDSJなどのオフィシャルメディアスポンサーとして、関連する情報を今後積極的に伝えていく。

【関連記事】
・【DSE2019】Vol.01 クアルコムがDSEに初参戦「2,3年後にはすべてのサイネージ端末が5Gに接続する」
・【DSE2019】Vol.02 大手のブース展示をダイジェストで
・【DSE2019】Vol.03 細々したネタにもしっかりスポットライトを当ててみる
・【DSE2019】Vol.04 signageOS」が既存デジタルサイネージの統合CMSの無償提供を開始
・【DSE2019】Vol.05 DSEにおけるAIやIoTの実情
・【DSE2019】Vol.06 eスポーツはデジタルサイネージのニューフロンティアである
・【DSE2019】Vol.07 イベントとしてのDSEを考えてみる
・【DSE2919】Vol.08 Why Doesn’t Dynamic Content Work Yet? まだダイナミックサイネージやってないの?