【DSE2019】Vol.01 クアルコムがDSEに初参戦「2,3年後にはすべてのサイネージ端末が5Gに接続する」

AI/Digital Signage /

クアルコムがDSE(Digital Signage EXPO 2019)に初めて参加した。オープンスペースで行われるフリーのセミナーでは「The Future of Digital Signage Built on Smartphone」と題して、クアルコムテクノロジーズのリテールIoTのディレクター、Ketal Gandhi氏が講演を行った。

クアルコムテクノロジーズのリテールIoTのディレクター、Ketal Gandhi氏

講演内容は、現状のLTEネットワークから5Gに移行することによるメリットや変化について語るというもの。これ自体は特に目新しい話というわけではない。

しかし、DSE全体では、5Gを意識した展示を行っている会社は他には一社もない。それ以前の問題として、昨年までもそうだが、DSEにおけるデジタルサイネージは広告、販促、ホスピタリティー、トラフィック、ビジネスバックヤードが中心であり、IoTやAIというキーワードは決して多くない。この傾向はあまり変わっておらず、IoTやAIは完全にCESがその中心になっているからだ。筆者はCESとDSEを両方10年以上に渡って定点観測しているが、昨年あたりからこの傾向が非常に強くなっている。

さてそのクアルコムだが、デジタルサイネージとの接点は5Gネットワークだけではない。昨年末にThundercomm社から発表された 「TurboX AI Kit」を実際に稼働させていた。これはクアルコムのSnapdragon845プロセッサーを内蔵したAI解析用のオールインワンのエッジ端末である。800万画素カメラ、マイク、スピーカー、4K対応Micro HDMI端子、USB Type-C端子、USB 3.0端子、microSDカードスロット、有線LAN端子などを装備している。WiFiは802.11a/b/g/n/acに対応。8GBのRAM、64GBのストレージを搭載しており、OSはAndroidとLinuxがサポートされている。またクアルコムのSnapdragon Neural Processing Engine(SNPE)やThundercommのAIアルゴリズムライブラリ、ビジュアル開発環境の「AI Studio」がバンドルされ、これ単体でAI解析が行えるようになっている。

残念ながらこの端末のことを知るデジタルサイネージ関係者は多くなく、また前述の講演でも自社ブースで展示をしていることも、そもそもTurboX AI Kitのこと自体に言及をしていなかった。

Thundercommの「TurboX AI Kit」

筆者は偶然日本の某所でこの実機を見ており、その時は単純に見ただけであるが、中に同梱されていた説明書はこちらだ。

Snapdragon 845はサムスンのGalaxyS9やGoogleのPixel 3などに搭載されている。スマホではカメラやARの画像処理において強力なパワーを発揮するのだが、そのチップを例えはリテールで活用すればデジタルサイネージの利用シーンが大きく拡大するというのがクアルコムの考えである。見た目はスマートフォンではないが、スマートフォンでデジタルサイネージができるということになる。

特に画像処理についてはスマートフォンが最も進んでいる領域なので、クアルコムとしてもデジタルサイネージ市場を重視していく考えであるようだ。

【関連記事】
・【DSE2019】Vol.01 クアルコムがDSEに初参戦「2,3年後にはすべてのサイネージ端末が5Gに接続する」
・【DSE2019】Vol.02 大手のブース展示をダイジェストで
・【DSE2019】Vol.03 細々したネタにもしっかりスポットライトを当ててみる
・【DSE2019】Vol.04 signageOS」が既存デジタルサイネージの統合CMSの無償提供を開始
・【DSE2019】Vol.05 DSEにおけるAIやIoTの実情
・【DSE2019】Vol.06 eスポーツはデジタルサイネージのニューフロンティアである
・【DSE2019】Vol.07 イベントとしてのDSEを考えてみる
・【DSE2919】Vol.08 Why Doesn’t Dynamic Content Work Yet? まだダイナミックサイネージやってないの?

【関連記事】
・5Gにまつわるウソとホント
・車やビルのガラスが5Gのアンテナになる
・MWC2019に見たスマートフォンの終焉と新たな時代を考えるヒント
・韓国で5Gを体験してみて感じた「もうすぐ到来する世界」
・【DSE2019】Vol.01 クアルコムがDSEに初参戦「2,3年後にはすべてのサイネージ端末が5Gに接続する」
・DOCOMO Open House 2018が濃厚なので気になったところだけpick up