ワンセグ携帯 放送受信契約の義務あり 最高裁

Media /

ワンセグの機能が付いた携帯電話を所持している男性がNHKの放送受信契約を結ぶ義務はないと訴えた裁判で、最高裁判所は男性の上告を退ける決定をし、契約の義務があるという判決が確定した。

NHKオンライン

本稿を執筆している時点で、判決全文は見つけることができないので、詳細がわかない(それはそれで物凄く変な話であるが)。ただ一点重要なことは、今回の裁判は原告が個人で、被告がNHKだということ。つまり、「僕はワンセグ携帯持ってるんだけど、NHKに金払う必要はないよね、最高裁さんはっきりさせてよ」ということに対して、「いやいや、あんたが自分からワンセグ持ってるって言うなら払わなかなんぜよ」ってことだ、だぶん。この「ワンセグ持ってること」を、NHK側が立証することは、家に「テレビ」があることを立証するのと同様に結構難易度が高い。

NHK受信料問題、あるいは公共放送のあり方問題は一向に整理がなされないまま、NHKの同時再送信がいいだの悪いだのという議論に終止したままだ。まず各論から言うと、CAS(わかりやすくするためにB-CASの話としておく)は何のために存在しているのか。CASというのは限定受信システム (Conditional Access System)のことである。受信設備を保有した時点で、受信料の支払い義務があるのであれば、CASは何ゆえに存在しているのだろうか。どう考えても必要ない。

導入当初の議論を知るものとしては、あれはDRM(Digital Rights Management)とCASをセットで議論した、いや議論させられて、結局は何故か表裏一体と理解してしまった地上Pな人たちの無理解によるものだ。マネージメント層はこのことにごく一部の局を除いてほぼ無関心だった。

筆者はNHKの存在は重要であると考えている。特に災害時にはNHK以外の民放局がまともに対応できるわけがない。いつ起きるかわからない災害時のためにCMを流してくれるスポンサーは基本存在しないからだ。「この大津波特番は◯◯者の提供で現場から中継をしています」というのはちょっと想像しがたいではないか。こういう一般的なビジネスモデルでは整理されにくいものは「公」であり、そのために「税金」を投入すればいいだけのことだと筆者は思う。国営放送だ。どうも国営放送に対して過去の経験を引きずったアレルギーみたいなものがあるようだが、それこそちゃんとした機関が監視をすればいいだけの話だ。国営放送になったらチコちゃんはNGなんてことになるとは思えない。

一方の民放はNHKが逆に民営化されると嫌だ。NHKの話はそろそろ誰かが終止符を打たせるべきだ思う。日本の放送周りが死ぬほど鈍くて全時代的な理由のほぼ全ては、このNHK問題が整理されないからだと思う。