3月18日24時、ラジオ番組でトークンを配布するブロックチェーン活用サービス「TokenCastMedia」を実施

Blockchain/Media /

3月18日(月)24時から、毎日放送が放送でトークンを配布する試みを行う。ブロックチェーンの放送や映像での活用にはさまざまなこと予想されるが、今回はトークンの配布だ。ここだけ切り取ってしまうと単なる音声透かしと変わらないだろうとか、またアプリをダウンロードするのかよとかいろいろあると思うが、まずはやってみて、使ってみて、課題や可能性があるのかどうかを体験することが重要だ。何より実際ここまでの企画を実現させた関係者の皆さんの努力が素晴らしい。

この企画は、株式会社博報堂が発足した「HAKUHODO Blockchain Initiative」は発表した新サービス「TokenCastMedia」で、トークンとして実装されたデジタルアセット情報を音声に埋め込んで、スマートフォンの専用アプリを介して番組のリアルタイム視聴者だけに配布する。今回の試験放送ではDAppsゲームのキャラやアイテムを配布するようである。試験放送は、株式会社博報堂DYメディアパートナーズ、株式会社毎日放送、トークンポケット株式会社、株式会社フランジア、エヴィクサー株式会社が共同で実施する。

詳細は毎日放送の「オレたちやってマンデー」のサイトを参照されたいが、事前の準備は以下の通りである

●事前の準備
その1:以下のアプリストアから、「トークンポケット」をダウンロードする
    Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.tokenpocket
    iOS:https://itunes.apple.com/app/token-pocket/id1288636393
その2:トークンポケットを起動して、左下にあるDボタンを押すと表示される「ゲーム」の一覧から
    「サイファーカスケード」を選択して、ユーザー登録をする
●当日の操作
その1:ラジオの放送中に「トークンポケット」を起動する
その2:左下にあるDボタンを押すと表示される「ゲーム」一覧から一番上にある「キャラクター取得」を選択すると、自動的にサイファーカスケードの自身のアカウントにキャラクターが入ります。

筆者も体験してみて、改めて感想を書きたいと思う。

【関連記事】
・3月18日24時、ラジオ番組でトークンを配布するブロックチェーン活用サービス「TokenCastMedia」を実施
・ブロックチェーンと放送。MBS「オレたちやってマンデー」の場合