実録「株式投資型クラウドファンディング」第3回~バセル株式会社~

Funding /

2015年5月施行の金融商品取引法改正で生まれた株式投資型クラウドファンディングによる資金調達の事例を紹介するシリーズ。今回もGoAngelでの実例を紹介する。

第3回の今回は「食べれば食べるほど痩せる肉」としてテレビで話題となったルーミート(カンガルー肉)を輸入販売するバセルの事例である。
バセル株式会社は、カンガルー肉の輸入商社でNO1。オーストラリアから日本に輸入されるカンガルー肉の8割を仕入れている。「ルーミート」とこの会社が名付けて一般名称化しているカンガルー肉。テレビや雑誌にも多く取り上げられ、栄養価が高く低脂質であることがアスリートや健康・ダイエット志向の女性に注目され、ルーミートをメニューに採用する飲食店も急増している。バセルのGoAngel募集では、取引先の飲食店オーナーを中心に、ルーミートの成長性に期待して株主として参加した。

バセルの設立は1980年。カンガルー皮の専門輸入商社として事業をスタートした。カンガルー皮はその柔らかな弾力性と強靭性から、サッカーシューズ用に世界的に広く用いられてきた。日本でもプロサッカー選手を含めて多くの愛用者がいる。バセルではオーストラリア現地にカンガルー革の加工工場をパートナー企業と合弁で設置する等、市場開拓に力を入れてきた。

2006年にバセルはカンガルー肉の輸入事業に進出した。オーストラリアではスーパーマーケットでも食肉用に販売されているカンガルー肉だが、日本では全く認知されていない。バセルはオーストラリアのカンガルー肉でシェアNO.1のマクロミート社と日本における輸入販売契約を締結。バセルは同社のカンガルー肉の日本向け販売を独占的に取り扱ってきた。

当初、ペットフード用にカンガルー肉を供給してきたバセルだが、2014年に「RooMeet(ルーミート)」を商標登録。食肉供給を本格化する。折しも健康食ブームの中、高たんぱくで低脂質、「食べれば食べるほど痩せるお肉」などとルーミートが雑誌やテレビで紹介されるようになった。2017年には、ニュース番組及びバラエティ番組に合わせて4本、雑誌での紹介記事10本、WEBメディアでは50回以上取り上げられる等、急速に認知度が高まった。その結果、ルーミートをメニューに取り入れる飲食店が急増。今では全国で100店を超える飲食店がルーミートを食材として利用するようになっている。

GoAngelで株式募集を行う直前期、2016年12月期のバセルの売上高は276百万円。経常損益は19百万円の赤字であった。バランスシートは24百万円の債務超過である。さらに2017年12月期は売上が約3分の1に激減する計画。マイナス粗利に陥っていた飲食店向けの鶏肉販売を中止したことが原因である。財務内容の厳しさから、現在1億6千万円の金融機関からの借入の増額は困難。そこでカンガルー肉の販売拡大に伴う仕入資金の調達と資本増強を併せて図るべく、株式型クラウドファンディングのGoAngelで株主募集をすることにした。

GoAngelにおけるバセルの募集期間は、2017年11月27日から12月20日までの24日間。本稿シリーズの第1回で紹介した悟中と同時の募集となった。以下はGoAngelの画面上に示されたバセルの募集事項の一部である。

法律の定めで株式型クラウドファンディングでは、一人当たりの投資金額は、1社につき50万円が上限とされている。バセルでは発行価額は1株あたり460円。DANベンチャーキャピタルの募集取扱手数料を含めた募集価額は500円。申込コースは募集価額ベースで25万円と50万円の選択とした。目標募集額は、募集価額ベースで1,000万円、発行価額ベースで920万円(20,000株)だった。

GoAngelは募集期間終了日までに申込が目標募集額に到達しなかった場合、増資は中止となるオール・オア・ナッシング方式。3週間強の募集期間において、申込率が50%を超えたのは2週間目。ペースが遅いことから中止が危惧されたところだが、最終日の12月20日の夕刻には100%に到達した。

バセルの株主募集には、ルーミートをメニューに採用した飲食店オーナーのほか、長友社長の友人・知人等が参加しました。募集にあたっては、長友信社長からGoAngelでの募集開始についてメール等でご案内をしたほか、長友隼人エリック常務からは、Facebookのメッセージ機能を使って、取引先の飲食店経営者等にご案内した。メール及びFacebookの発信先は500件ほど。このうち31名が応募されて新たに株主となった。

健康志向がますます強まる中、羊肉、馬肉に続くしかも画期的なダイエット肉として、ルーミートのマーケットの拡大に期待したい。

【関連記事】
・実録「株式投資型クラウドファンディング」第8回~住まいるサポート株式会社~
・実録「株式投資型クラウドファンディング」第7回~エレガント株式会社~
・実録「株式投資型クラウドファンディング」第6回~株式会社ヒナタデザイン〜
・実録「株式投資型クラウドファンディング」第5回~株式会社グローバルゲイツ~
・実録「株式投資型クラウドファンディング」第4回~株式会社エデューレエルシーエー~
・実録「株式投資型クラウドファンディング」第3回~バセル株式会社~
・実録「株式投資型クラウドファンディング」第2回~株式会社マルチブック~
・実録「株式投資型クラウドファンディング」第1回~悟中株式会社「銀座鮨醇」~