惜しい!縦にして撚るだけで一変する東電の地上トランスサイネージ

Digital Signage /

コストが見合うかは専門ではないの不明だが、電線を地中化することは、美観の点と狭い道路の場合は通行しやすくなるので良いことだと思う。その場合にトランスや開閉器が地上に残ってしまうことが多い。このトランスや開閉器をうまく活用するということで、東京電力らがデジタルサイネージの実証実験を行っている。「ストリートサイネージ」と言うようである。

実証実験中の田町駅東口と、渋谷公園通りの2つの現場に行ってみた。まずは田町駅の東口に向かった。JR田町駅から芝浦口を降りて階段を下った歩道の右側に設置されている。

これだけ歩道が広いと視線が行かない

この場所は写真左側の再開発が完了したために、歩道が非常に広くなった。相当広い。そしてトランスは車道との境界に設置されている。初見で何の説明もなくこの写真を見ても、宝探しのようでどこにサイネージがあるかわからないのではないだろうか。それは現場でも同じである。

近寄っても厳しい。ディスプレイの視野角も広くない
田町駅に向かって。この空間にこのサイズでこの設置方法では目線に入らない

この設置場所の課題は明らかで、そもそも視界に入ってこないのである。この場所でデジタルサイネージを設置する場合は、人の動線に対してディスプレイを正対させるべきである。これくらい歩道が広いと垂直ではなく、角度をつける方が広い範囲の歩行者に対して有効だろう。高さも可能な限り高くしたほうがいい。人の頭を超える必要があるからだ。あとはこうしたロケーションに置いてはディスプレイは縦にするのが正解だろう。既存の広告媒体との互換性を考えても縦にするべきだ。

夜は昼間よりはよいが明るさ以外の問題は変わらない

渋谷は公園通りのApple Storeの正面に設置されている。歩道は田町に比べると3分の1くらいなのでディスプレイサイズ自体は問題ないが、やはり動線には正対していない。

渋谷は公園通りのApple Storeの前にある

コンテンツは渋谷区の広報ビデオが6種類。尺は長いもので3分位あって、デジタルサイネージのメディア接触態度がまったく考慮されていない。映像自体のクオリティはかなり高いのだが、制作サイドはメディア特性を理解していないのが非常に残念。今からでも短尺に編集し直すべきだ。なおこの映像は筆者が探した限り、渋谷区のサイトも含めてネット上では確認できなかった。ケーブルテレビのコミュニティチャンネルでも使われているのだろうか、あくまでもテレビ的な作りである。

コンテンツは渋谷区の広報映像のみ。尺が最大3分位のものまで6種類あって、どれもサイネージ向きでは正直ない
LinlNYCは動線に対して正対している
こういう設置法もある(丸ビル)
LAXのT2

そういう設置がコスト面、構造面、条例などの制約があるとすれば、この「ストリートサイネージ」自体に無理がある。こういった設置環境の場合、利用者側にサイネージを見る、操作する必然性があればある程度の制約を超えてくる。東京都が設置している観光サイネージもこのスタイルの設置環境だが少なくとも利用者側に迷っている、探しているという意思がある。

ストリートサイネージは広告と情報配信を行う想定のようで、自然状態ではここを歩く人の側にはサイネージを見る必然性は存在していない。おそらくここでしか見られない、ここを歩く人側が自ら主体的に見ようと思うような情報は存在しない。ここだとJRや地下鉄の運行情報くらいだ。そのため強制視認とは言わないが、もう少し自然に視界に入ってこないと何も伝わらない。

上記写真のLinkNYCの設置場所はもともと公衆電話があった場所である。大都市の街なかでトランスのある場所というのは、歩道の広さにもよるがロケーションとしては決して悪くはない。ディスプレイの現実的なサイズを70インチ以内とすると、LinkNYCのようにたぶん適切な歩道の幅は6,7メートルを超えない範囲だろう。その程度の広さの歩道の場所で、さらにディスプレイを動線に対して正対させて、高さをディスプレイの下部で1,2メートル以上まで上げて、ディスプレイを縦設置にすることだろう。

ロサンゼルス空港のターミナル2では、通路の真ん中の高い位置に、動線に対して整体させたディスプレイと平行なディスプレイが使い分けられている。

デジタルサイネージ的に適切な設置ができるロケーションが都内にどれくらいあるのかについては不明だが、今回の実証実験のような設置が進んでも(進まないと思うが)、有効に使われないものが街に進出するだけで、結果的にデジタルサイネージのイメージが悪くなるだけである。繰り返すが、ほんの少しの気配りや配慮で、このメディアは生死が決まると思われる。ディスプレイを縦にしてちょっと撚るだけでいい。何らかの理由でそれがかなわないのであれば、有効に使われることはない。