変わり続けるCES2019

AI/IoT/Media /

年が明けると例年通りCESである。2019年はホテル価格がいまだかつてないほど高騰しており、航空券も同様だ。CESのセッション(セミナー)は無料のものも含めて、以下の38カテゴリー、全部で253本が開催される予定である。

・Corporate Keynotes
・SuperSessions
・BabyTech Summit
・C Space Storytellers
・CES Sports Zone
・CMO Insights
・Design and Source
・Enterprise Solutions
・Entertainment Summit
・Future of Work
・Innovation Policy
・Kids@Play and FamilyTech Summit
・Marketing Reinvented
・NextGen Audiences: Podcasts & eSports
・Research Summit
・Resilience
・Smart Cities
・Smart Future
・Startup Insights
・Startup Stage
・Visionaries and Vino
・5G, Connectivity and Mobility
・Artificial Intelligence
・Smart Home
・Transportation
・Connect2Car
・CONNECTIONS Summit
・Digital Health Summit
・Digital Hollywood
・Digital Money
・HighTech Retailing
・IoT Infrastructure Solutions
・Printed Electronics
・Service Robotics Arrive in Daily Life
・Wearable Tech Summit
・CES Government
・Disruptive Innovation in Health Care
・IEEE International Conference on Consumer Electronics

この中で、テレビに関係するものは次に挙げるわずか4本しか無い。

The Future of TV: From Primetime to Multi-Platforms
Television 3.0 is here. Somewhere between Netflix, Amazon, the Internet TV App, cable and viewer platforms resides the future of what was once known as television. How media, advertising and technology companies position themselves around “the set” is the question.

Internet TV and OTT: Programming Everywhere
The proliferation of TV technologies is pushing video to an unlimited audience. The television industry has merged into mega-conglomerates and invested billions of dollars in additional programming. This is a new golden age for TV programming and 24/7 viewing.

Driving Innovation in Media
Join EY’s John Harrison and CBS Chief Analytics Officer Radha Subramanyam take on new business models, content trends and distribution strategies driving the modern media industry.

Headliner Conversation with Viacom CEO Bob Bakish
A closer look at how Viacom CEO’s Bob Bakish is overseeing the company’s impressive turnaround of its expansive TV and film properties.

5年から10年前くらいは、半分近くがテレビに関係する話題であったことを考えると隔世の感がある。だから「テレビは終わりだ」と言いたいわけでは全く無い。CES(Consumer Electronics Show)を主催しているCTA(Consumer Technology Association)からすると、コンシューマーテクノロジーの領域においてはテレビ関連の技術やビジネスはもはや主役ではないということである。テレビが主役である必要などもともと無いのだが、筆者のように19年前に初めてCESに参加した頃はデジタルテレビが主役であったことを考えると寂しさは否めない。テレビが主役を退いてもイベント自体が拡大するのは、産業規模としては当然なのだろう。

長年近くCESを定点観測的に、ベンチマーク的に見ていると、世の中の大きなトレンドを掴むことができる。そしてその間のCESの主役はテレビから、自動車を経て、ここ数年はかなり広範囲に細分化している。前述の38カテゴリーがその内訳だ。セッションで今年目立つのはやはりAI関連が9本、ブロックチェーン関連が13本でこのうちメディア関連が2本ある。これらのセッションは時間が許す限り参加してみたいと考えている。GASKETでも現地からのレポートを適宜行う予定である。

Tags: