【PR】簡単タッチパネルサイネージのツールがパワポでのプレゼンに使える

Digital Signage /

タッチパネルディスプレイを利用したデジタルサイネージは、街の案内や商業施設のフロアマップなど、様々な場所で使われる。だがこれを実現させるためには、それなりの仕組みが必要になる。そのためにかかるコストも大きくなるのことが多い。タッチパネルで実現したい内容の多くは、必ずしも複雑なプログラムを必要とするものばかりではない。実際の案件を見ていると、半分以上はもっとシンプルなやり方で実現できるものが多い。

そこで、だれでも簡単に、パワーポイントを作成する感覚、あるいはそれ以上に簡単にタッチパネルコンテンツを作成できないか。こうした現場の要望に答えたのが、WEB上で動作する「デジアピTOUCH リンクメーカー」である。既存の静止画または動画の領域を指定して、そこをタッチすると別の画面に遷移させることができる。遷移先の設定、遷移構造はWEB上のGUIで簡単に設定変更ができる。その超簡単な操作感はこちらの動画を見ていただきたい。

例えばすでにあるチラシやポスターをタッチコンテンツ化することが効率的だったり現実的だたりするケースは少なくない。パワーポイントやキーノートで作成したスライドショーを元にして、画面内の任意の位置やボタンを設定して、それをタッチすると別のスライドショーに遷移させることができる。

パワーポイントやキーノートでのプレゼンテーションは、作成したスライドを順番に再生することが基本だ。プレゼンテーションにおいて、前のスライドに戻りたいケースがよくある。その場合は予めスライドの順番を設定しておく必要がある。複数のスライドにランダムアクセスできると、効果的なプレゼンテーションになることも多いはずだ。タッチパネルを搭載したPCやタブレット、iPadを使うこともできる。

デジアピTOUCH リンクメーカーは、デジタルサイネージを導入するお客様が自ら操作する場合と、デジタルサイネージの運用を受託している企業がオーサリングツール的に利用することもできる。提供方法は様々な方法に対応が可能である。

【PR】株式会社ビズライト・テクノロジー