ジ・アウトレット広島のエレベータ連動サイネージ

Digital Signage /

日本国内では最大級の空間演出型のデジタルサイネージである、広島市のジ・アウトレット広島の大型LEDによるデジタルサイネージを見に行く機会があった。コンテンツ制作を担当したのは株式会社ピクスである。

オフィシャルな紹介映像はこちら。

THE OUTLETS HIROSHIMA “ほしかげシティ” インタラクティブデジタルサイネージ from P.I.C.S. on Vimeo.

高さ12mのLEDがコーナーも含めて設置されている。エレベータの動きに連動してコンテンツが変化するところがユニークだ。設置されている壁面のタイルと同じタイルの映像がLEDに表示されて、扉が開くような演出はコムキャストセンターのそれを思い出させる。

コムキャストセンターのエントランス(2010年1月訪問)

インタラクティブと説明されているが、これがエレベータ連動のことを指しているのかはよくわからなかったが、なかなか壮観である。毎時00分には時報コンテンツが表示される。このような大規模な空間演出としてのサイネージは、一定間隔でコンテンツが更新されないと飽きられてしまうので、維持運用は大変だろうと思う。