コンビニではなくKIOSKで本当に必要なUXがAI無人店舗で実現できるか

AI/IoT /

無人KIOSKが赤羽駅にオープンしたのは記憶に新しく、連日ニュースなどでも取り上げられている。技術的には様々な取り組みが行われているが、既に解説記事も出ているためここでは割愛し、UXという観点からこの無人KIOSKを評価してみたい。

KIOSKはコンビニなどと違い、本当に必要なものを購入するために利用するケースが多い。そのためコンビニ以上に売れ筋を絞って販売している。有人KIOSKでは店員がすべての商品の値段を把握し、同時に複数人と金銭のやり取りを行う。そして物を取って支払いを行い、釣り銭を受け取るまでの行動は1分以下である。

無人KIOSKに求められるのは「短時間で必要最低限の買い物ができること」である。そのため無人KIOSKにおける実店舗風の棚割りはほとんど意味がなく、自動販売機で十分である。ちなみにこの「実店舗風の棚割り」はUIであり、「短時間で必要最低限の買い物ができる」がUXとなる。

赤羽駅の実店舗風の無人KIOSKでは本来必要な「短時間で必要最低限の買い物ができること」というUXが提供されておらず、「実店舗風の棚割り」のUIというギミックによってごまかされているわけである。ギミックを否定するわけではないが、まずは最低限のUXが提供されるべきである。実証実験とはいえ商品認識率や人物の認識率の精度の検証は、本当に駅で行う必要があったのであろうか疑問である。

 

ではどうあるべきであろうか。例えば商品カテゴリ毎に自動販売機が並び、その前で購入ボタンを押すとカメラで購入者の顔が記録される。予め顔登録とクレジットカード登録を行っておけば、それで購入は完了である。セキュリティを考慮するならば、顔は一時的に記録して決済ゲートなどでSuicaをかざす際に参照して破棄すれば良い。至ってシンプルであり、実際に似たようなシステムは既に中国で運用されている。

自動販売機であっても問題がないわけではない。例えば商品の前で何を購入するか迷う間に列ができてしまうケースが考えられる。自動販売機の幅を狭くする、全商品がパネルで選べて取り出し口に運ばれてくるなど、改善の余地は必要である。自動販売機に適した商品のパッケージであるかという問題もある。

今後は「100近いカメラを使った認識精度」の改善よりも「KIOSKでの買い物」のUXの改善を期待したい。