楽天技術研究所の「遠隔スタイリング支援システム」は買い物と働き方の両方を変える

このコミュニケーションの距離感が重要だ。4K8KやVRをそのまま使えば、現場にいるような臨場感を得ながら買い物や接客ができる。しかしそれでは生々しすぎるのである。リアル店舗で店員にあれこれ話しかけられるのは鬱陶しい、そんな経験は誰にでもある。かといって放置されても相談したいときには不便である。とくにファッション系などは客観基準などは存在しないので、人の意見は重要な購買決定のために要素である。この役割を遠隔地にいるスタイリストにやられるのは店舗側の事情である。複数店舗を展開しているような場合に有効になる。