重要なのはキャッシュレスではなくノーペイメント。ローソンのウォークスルー決済を購買体験の違いで比較する

AI /

CEATEC JAPAN 2018において、ローソンが「ウォークスルー決済」のデモを行った。Amazon Go、TRIAL、JR東日本などの類似の店舗を実際に試した上での、それぞれが提供する購買体験の違いという視点からの比較で考えてみたい。これはセンシング技術や、決済方法の違いや優劣の話ではまったくなく、提供される購買体験の違いの話である。

はじめに、ローソンのウォークスルー決済店舗の詳細はこちらの記事が詳しいのでこちらでご確認願いたい。

筆者がシアトルAmazon Goと福岡TRIAL、赤羽JR東日本をそれぞれ実際に体験したGASKETでの記事はこちら。
レジなし店舗のAmazon GoとTRIALは全く異なる購買体験を提供している
JR東日本の無人AIレジ店舗はAmazonGOとはまるで異なる

ローソンの例はAmazon Go、TRIAL、JR東日本とは異なり、カメラやセンサーは一切使わず、すべての商品にRFIDタグを貼り付けている。RFIDタグのコスト、貼付け作業をどのタイミングで行うかが課題である。コストについては現状数十円以上はかかるはずである。キャセイパシフィック航空やデルタ航空では、すでに預入荷物にRFIDタグを貼り付けて荷物のトラッキングに利用している。コンビニの場合は、商品単価に占めるRFIDタグの比率が大きくなるのでここを克服することができるのだろうか。貼り付け作業に関しては貼り付けロボットの展示をしていたが、本末転倒である気がしてならない。さらにRFIDタグには金属のアンテナが不可欠であり、そのまま弁当などを電子レンジに入れることができないというのもかなり大きな課題である。

カメラではなくRFIDタグのメリットは、相当正確にある程度複数の商品(今回は3点まで)を一度に認識できることだろう。そのため今回のデモでは買い物袋(ビニール袋)に入れた状態で、センサーが付いた狭い隙間を通すようにしていた。これだと商品をいきなり自分のカバンに入れることが多分出来ない。カバンの材質によっては正確に判読できないからである。

決済自体は、JR東日本と同じくセルフレジ方式である。ゲートに専用アプリのQRコードをかざして、10秒以内に前述のスロットに商品の入った復路を通す必要がある。つまり明らかにウオークスルーではない。

こうした多くの「むじんくん系」の店舗を体験してきたが、コンビニやスーパーのような販売形態の小売店舗における購買プロセス、購買体験に、新たなものをが登場つつある。Amazon Goを更に進化させれば、入店時に本人確認を顔だけで行えば、一切何もすること無く店に入って、商品を取って、そのまま出ていくことはすでに可能なレベルになっている。Amason Goがそうであるように、実際の店舗は特殊なケースを除いて決して無人にはできない。レジ打ちのような機械やAIがやればいいことは任せて、AIが導き出した最適な棚割り(類似例はすでにある)に並べ替えたり、接客を行ったりという方向になるのではないだろうか。

はやりこうした店舗で実際に買い物をして思うことは、売りて書いて双方ともに、お金を払うという行為に手間を掛けたくない。CashlessではなくNo Paymentが重要なのだと思う。

お金を払うという行為のように、当たり前だと思っていることは決して当たり前ではないということだ。そして店舗側のメリットと買い物客側のメリットが、テクノロジーによって歩み寄れる状況、現実的なコストで提供できるようになってきたと感じるのである。

 

専用アプリのQRコードは1分ごとに切り替わるワンタイム方式
入店時は何もすることなく、退店時に決済のためにQRコードを読み込ませる
これが問題のRFIDタグ
この隙間に商品を通す。自分のカバンに入れることは出来ない

【関連記事】
・「キャッシュレス」「レジレス」「ジャスト ウオーク アウト」はまるで別物
・文字さえ読めないインバウンドなロシアで、日本より快適なスマホ完結サービスを受けられた事実
・JR東日本の無人AIレジ店舗はAmazonGOとはまるで異なる
・アプリと持ち去りOKで新たなUXを実現した飲食店「CRISP SALAD WORKS」
・QRコードで買い物難民を減らす
・ベッカーズの事前注文はMaaSを視野に入れている?
・重要なのはキャッシュレスではなくノーペイメント。ローソンのウォークスルー決済を購買体験の違いで比較する
・ウオークスルーレジなのに人が並んでしまう、新世代キャッシュレスカフェ体験
・外食産業の働き方改革とおもてなしを両立させる ロイヤルグループの研究開発店舗