現金は強かった

IoT/Media /

北海道胆振東部地震:2018年9月6日午前3時7分、M6.7 最大震度7

 

既に1か月近く経過し、一部の地域を除いて、社会・経済生活は元通りの様相を示している。もちろん、地震で亡くなられた方もおり、そのご遺族やけがをされたり、多くの財産を失った方にとっては、元の生活は永遠に戻るはずもない。あらためて心よりお見舞い申し上げます。

国、地方公共団体、都市研究機関や大学、そして民間企業、小中学校・・・あらゆる組織、団体で防災減災対策は今後もさらに活発化することと思われるが、その一助となるべく、極めて狭い範囲ではあるが、筆者又は筆者の周辺で起きたことで、特に電気や通信に関係することがらを列挙してみたい。一つ一つの細かい事実の中に、エンジニアが解決すべきテーマは隠れており、そして、ビジネスチャンスも潜んでいると考える。

・地震直後あるいは1時間ほどして停電になり、長いところでは3日間ほど、ブラックアウトとなった。

・筆者自宅周辺では、NTTDoCoMo 4G回線は数時間つながったものの、徐々にフェードアウトし、半日後にはアンテナは立たなくなった。

・一方、Wimax回線はそれ以上の時間、通信可能であった。

・近隣コンビニは、店内薄暗く、冷凍冷蔵機能もダウンしたが、レジバッテリーが動く時間(概ね当日昼頃まで)は販売が続けられた。

・一部コンビニでは、ハンディターミナルにて商品情報を読み込み、長時間にわたり販売を行っていた。

・いずれのコンビニでも、精算は現金支払いのみ。電子マネー、ポイントカードは文字通りタダの数列と化した。

・地震発生から6時間後のコンビニでは、電池をはじめ、スマホ充電器等の製品はすべて売り切れていた。

・札幌市内の信号機は、当日はもちろん、翌日になっても(イメージで)稼働率は50%程度であった。

・市内大通公園、地下街には、観光客(特に外国人)があふれた。

・観光客が先に求めたのは水やトイレ、次に「情報」であり、その前提となるスマホの充電確保に奔走していた。

・札幌市及び関連する団体のホームページは地震直後からダウンしていた。

・ラジオやテレビでは、給水情報のほか、携帯電話の充電場所(公共施設や携帯キャリアの店舗など)の情報がながれていた。

・もっとも、すぐに相当数の人があふれ、各所であっという間に満杯状態になり、すぐさま受付を断る事態に陥ったらしい。

電力会社や通信キャリアによる抜本的な対策もさることながら、身近なところで電源を確保する自衛策を講じ、できればそれをシェアできるまでになりたいものだ。何一つ災害への備えをしていなかった筆者も、車のシガーソケットアダプターを押入れから探しあてたときは、これで一安心と思った・・・しかし・・・

地震当日の午前中、高齢のご婦人から「スマホの充電器があるかどうか調べてほしい」と薄暗いコンビニで頼まれたものの、あらゆるデバイスが売り切れで、ほどなく別れたのだが、直後に、自車から充電してあげられることに気づいたときは、すでにご婦人の姿はなく、なんとも気まずい思いをしたことを覚えている。

それと蛇足だがもう一つ。本日のテーマとは相対することだが、停電したとき、或いは通信できなくなったとき、「何もすることがない」(タイトル写真参照)無力感に陥らないよう、普段から、そういったときに「ここぞと楽しめる何か」を準備しておきたいものだ。