IoT

路線バス三密対策へ予算づけ

先月27日、「国土交通省は混雑状況をリアルタイムに把握できるアプリを開発予定」と日本経済新聞社が報じている。この中で乗客数を把握する手段は「社内の映像や車両の重量」であり、「集めたデータは人工知能(AI)で分析し、効率的なダイヤ編成にもつなげる」としている Keep Reading

Latest Highlights View All

路線バス三密対策へ予算づけ

IoT

新型コロナウィルス感染症対策、そして経済の激しい落ち込みに対し、政府は週明けにも2次補正予算を提出、今月中旬までの成立を目指している。2補正予算の規模は約32兆円(所謂「真水」部分)とされているが、その中心は医療体制の支援に加え「家賃」補助を柱とした企業の資金繰り対策となっている。そういった柱の施策の中、やや影は薄いが、この中でいわゆる「三密」対策の一部として、国土交通省が所管する地域公共交通に対する対策を取り上げてみたい。

上図「1.従業員と利用者の感染防止の徹底」のうち2番目に「地域公共交通における感染拡大防止対策」と掲げられている。また、「5.新たなサービス・ビジネスモデルへの円滑な移行」にも同様の表現がなされている。

これらの対策予算規模は138億円を超えるものとなっているが、現状、事業者に対しては、下図のような具体的対策例が示されている。ココでのポイントは、公共交通機関の「密」といえば、首都圏の電車が真っ先に思いつくが、地域(駅から先の家まで、あるいは地方都市を意味すると思われる)においては、電車や船舶に加え、乗合の「路線バス」もその重要な対象とされていることだ。

上図の「補助対策経費」4番目、「混雑時の移動(密な移動)回避を目的としたリアルタイム情報を提供するシステム導入」が少々気になる。右下にカナダ・transitと記したグラフが示されているがこれでは何がしたいのかよくわからない。

これについては、先月27日、「国土交通省は混雑状況をリアルタイムに把握……

Keep Reading

新型コロナウィルス感染症対策、そして経済の激しい落ち込みに対し、政府は週明けにも2次補正予算を提出、今月中旬までの成立を目指している。2補正予算の規模は約32兆円(所謂「真水」部分)とされているが、その中心は医療体制の支援に加え「家賃」補助を柱とした企業の資金繰り対策となっている。そういった柱の施策の中、やや影は薄いが、この中でいわゆる「三密」対策の一部として、国土交通省が所管する地域公共交通に対する対策を取り上げてみたい。

Keep Reading

Go to Top