IoT

エストニアのような電子投票を日本もそろそろ導入しよう!

週末の土曜日に期日前投票を地元の公民館で行った。本来、国会は投票率のアップを目指し、民意をできるだけ反映する対策を練るべきだ。これだけテクノロジーが発達したのだから、電子投票を検討するのが筋だと思うが、日本ではその動きは鈍い。先日もGASKETで不在者投票の記事がアップされていたが選挙に相当無駄なコストが使われていることが明らかになった。 Keep Reading

Latest Highlights View All

IoT

ユニクロだからできるRFIDタグの破壊力

ユニクロやスーパーマーケットなどでは、長い行列が発生することが多く、「長時間待たされるくらいなら自分でやってさっさと帰りたい」という方がUX…

IoT/Media

移動によるマインドリセット効果

近未来の移動、モビリティーを考える際においては、移動によってマインドリセットを得るという点を真剣に考える必要があるという指摘だ。移動による…

エストニアのような電子投票を日本もそろそろ導入しよう!

IoT
Photo by Parker Johnson on Unsplash

昨日は参議院選挙が行われたが、私は週末の土曜日に期日前投票を地元の公民館で行った。本来、国会は投票率のアップを目指し、民意をできるだけ反映する対策を練るべきだ。これだけテクノロジーが発達したのだから、電子投票を検討するのが筋だと思うが、日本ではその動きは鈍い。先日もGASKETで不在者投票の記事がアップされていたが選挙に相当無駄なコストが使われていることが明らかになった。

ヨーロッパでは電子投票の動きが始まっている。ベルギーでは、国民は選挙が義務となっており、1999年の上院選では電子投票を実施し、投票率は9割りを超えた。電子政府を実現したエストニアでは、電子投票が当たり前になっている。エストニアでは、2005年の地方選挙以来なんども紙による投票だけでなく、電子投票を活用した選挙が行われている。今年の3月の議会選挙でも電子投票が行われ、電子投票で選挙を行う人が増加している。ここ数回の議会選挙の投票率は61%から64%台で推移している。

エストニアでは15歳以上の全国民にIDカードが配布され、行政手続きや交通機関の料金支払いなどに活用されている。電子投票では、このIDカードをパソコンで読み取り、自宅から移動せずに選挙を行える。当然、選挙のコストは減らせる。お金だけでなく、投票者の時間を大幅に短縮できることがわかっている。

今年の2月筆者はエストニアを訪問し、電子投票の仕組みを学んできた。エストニアでは、インターネットに接続しているPCとIDカードさえあれば、世界中のどこからでも選挙に参加することができる。エストニ……

Keep Reading

昨日は参議院選挙が行われたが、私は週末の土曜日に期日前投票を地元の公民館で行った。本来、国会は投票率のアップを目指し、民意をできるだけ反映する対策を練るべきだ。これだけテクノロジーが発達したのだから、電子投票を検討するのが筋だと思うが、日本ではその動きは鈍い。先日もGASKETで不在者投票の記事がアップされていたが選挙に相当無駄なコストが使われていることが明らかになった。

ヨーロッパでは電子投票の動きが始まっている。ベルギーでは、国民は選挙が義務となっており、1999年の上院選では電子投票を実施し、投票率は9割りを超えた。電子政府を実現したエストニアでは、電子投票が当たり前になっている。エストニアでは、2005年の地方選挙以来なんども紙による投票だけでなく、電子投票を活用した選挙が行われている。今年の3月の議会選挙でも電子投票が行われ、電子投票で選挙を行う人が増加している。ここ数回の議会選挙の投票率は61%から64%台で推移している。

エストニアでは15歳以上の全国民にIDカードが配布され、行政手続きや交通機関の料金支払いなどに活用されている。電子投票では、このIDカードをパソコンで読み取り、自宅から移動せずに選挙を行える。当然、選挙のコストは減らせる。お金だけでなく、投票者の時間を大幅に短縮できることがわかっている。

……

Keep Reading

Go to Top