AI

ダイナミックプライシングはどこまで正義なのか

ダイナミックプライシング。その名の通り、動的に価格を変動させることである。当初はスーパーのプライスタグを電子ペーパーの表示を切り替えることくらいに思っていたが、あれはスーパー側の省力化に過ぎず、セルフレジと同じで顧客側のメリットはない。 Keep Reading

Latest Highlights View All

ダイナミックプライシングはどこまで正義なのか

AI
https://www.dynamic-plus.com/service/

ダイナミックプライシング。その名の通り、動的に価格を変動させることである。当初はスーパーのプライスタグを電子ペーパーの表示を切り替えることくらいに思っていたが、あれはスーパー側の省力化に過ぎず、セルフレジと同じで顧客側のメリットはない。

我々がダイナミックプライシングを実際に体験する例の筆頭は航空券だろう。年末年始や大型連休はもちろん、CESのような大きなイベントの時には航空チケットは明らかに高騰する。我々が知らないだけだが、たとえば医学系の学会の時期など、移動が集中する日程では同様なことが起きている。そしてホテル料金もこれとほぼ連動する。これらについては「移動する人が多いから」となんとなく納得感があるだろう。

ところが鉄道の切符は飛行機のようなダイナミックプライシングで変動している感覚は非常に少ない。基本的には鉄道の切符は定価販売が基本だからである。東京ー大阪の飛行機の普通運賃は25,750円だが、大部分の利用者は15,000円くらいの特便割引で利用しており、正規の割引運賃には7,950円という設定まである。一方新幹線の場合は13,620円で、スマートEXを利用しても値引き幅は飛行機に比較すると非常に少ない。「ぷらっとこだま」という商品もあるがこれは所要時間が大きく異なるので同一商品とは言えない。

航空券の価格幅が多い理由は、2000年に航空運賃が自由化されたのが大きい。ここで注意する必要があるのは、必ずしも自由化=値下げではないということだ。その象徴的な事例は国際線における「燃油サーチャージ」で、この変動幅は非常に大きい。鉄道……

Keep Reading

ダイナミックプライシング。その名の通り、動的に価格を変動させることである。当初はスーパーのプライスタグを電子ペーパーの表示を切り替えることくらいに思っていたが、あれはスーパー側の省力化に過ぎず、セルフレジと同じで顧客側のメリットはない。

我々がダイナミックプライシングを実際に体験する例の筆頭は航空券だろう。年末年始や大型連休はもちろん、CESのような大きなイベントの時には航空チケットは明らかに高騰する。我々が知らないだけだが、たとえば医学系の学会の時期など、移動が集中する日程では同様なことが起きている。そしてホテル料金もこれとほぼ連動する。これらについては「移動する人が多いから」となんとなく納得感があるだろう。

ところが鉄道の切符は飛行機のようなダイナミックプライシングで変動している感覚は非常に少ない。基本的には鉄道の切符は定価販売が基本だからである。東京ー大阪の飛行機の普通運賃は25,750円だが、大部分の利用者は15,000円くらいの特便割引で利用しており、正規の割引運賃には7,950円という設定まである。一方新幹線の場合は13,620円で、スマートEXを利用しても値引き幅は飛行機に比較すると非常に少ない。「ぷらっとこだま」という商品もあるがこれは所要時間が大きく異なるので同一商品とは言えない。

航空券の価格幅が多い理由は、200……

Keep Reading

Go to Top