Latest Highlights View All

IoT

ワイヤレスという美観と快感

少し前にアルバニアの首都ティラナを訪れた。この国名と都市名だけで「あー、あそこね」という方は、旅好きか、歴史好きか、はたまたアマチュア無線…

東急東横店の壁面に巨大なサイネージがあったことは誰も覚えていない

Digital Signage

渋谷の再開発が進んでいる。そして東急東横店も2020年3月末に閉店となり、解体されて渋谷スクランブルスクエアの中央棟と西棟に生まれ変わる。完成は2027年の予定だそうだ。

こうした再開発が進む中で、最後まで残ったのが東急東横店の建物である。現在の渋谷の街には、ハチ公交差点をはじめとしてあちこちに大量のビジョンが設置されているが、その中の最初の例として、かつて東急東横店の壁面がデジタルサイネージとして機能していたことをご存知だろうか。多分誰も覚えていないか気がついていないと思う。

下の写真で黒く見える四角い部分。この中にブラウン管が仕込まれていて、色の変化で文字や図形を表現していたのである。解像度は横が10ピクセル、縦が14ピクセルしかない。筆者はその制作チームに属していたのである。当時はデジタルサイネージという言葉はもちろん存在していない。事前にパソコン上でシミュレーションを行って、どうにか文字や図形として認識できるかどうかという状況であったが、とにかく実装されたのである。記憶が曖昧だが、1990年代前半の話である。大型ビジョンと言えば新宿のスタジオアルタくらいしかないような時代である。

最初の計画ではもっとピクセルを増やす、つまりブラウン管を増やす計画だったのだが、壁面工事の際に物理的、経済的理由で10✕14ピクセルになってしまった。当時はまだLCDは存在していなかったので、29インチ4:3のブラウン管を取り付けるのが限界だった。これ以上大きなブラウン管も存在していなかったのである。実際に点灯した時の……

Keep Reading

渋谷の再開発が進んでいる。そして東急東横店も2020年3月末に閉店となり、解体されて渋谷スクランブルスクエアの中央棟と西棟に生まれ変わる。完成は2027年の予定だそうだ。

こうした再開発が進む中で、最後まで残ったのが東急東横店の建物である。現在の渋谷の街には、ハチ公交差点をはじめとしてあちこちに大量のビジョンが設置されているが、その中の最初の例として、かつて東急東横店の壁面がデジタルサイネージとして機能していたことをご存知だろうか。多分誰も覚えていないか気がついていないと思う。

下の写真で黒く見える四角い部分。この中にブラウン管が仕込まれていて、色の変化で文字や図形を表現していたのである。解像度は横が10ピクセル、縦が14ピクセルしかない。筆者はその制作チームに属していたのである。当時はデジタルサイネージという言葉はもちろん存在していない。事前にパソコン上でシミュレーションを行って、どうにか文字や図形として認識できるかどうかという状況であったが、とにかく実装されたのである。記憶が曖昧だが、1990年代前半の話である。大型ビジョンと言えば新宿のスタジオアルタくらいしかないような時代である。

……                                    <p class= Keep Reading

Go to Top