Media

【InterBEE2019】Vol.07 都市のメディア化はビルにディスプレイを付ける話ではない。深圳市&渋谷

都市のメディア化というのは、決して大規模ライトショーをやったり、規制緩和してビル壁面にディスプレイを付ける話ではない。様々な人が集まり、さまざまな情報が行き交う場としての都市のあり方を考えることだ。InterBEE的には、あるいはGASKET的には、そこでテクノロジーは何をすることができるのかということだ。このテーマはこれからもずっと議論されるべきものである。 Keep Reading

Latest Highlights View All

【InterBEE2019】Vol.07 都市のメディア化はビルにディスプレイを付ける話ではない。深圳市&渋谷

Media

なんと素晴らしいことだろう。InterBEEで「都市」をテーマとしたセッションが行われた。パネリストはエクサイジング・ジャパンの川ノ上 和文 氏、深圳市青年聨合会の邱 洪延 氏、東急不動産株式会社の伊藤 秀俊 氏、モデレータは合同会社CCNの安藤 嘉康 氏である。

邱氏による深圳市の現況報告の後に、現在進行系の100年に一度と言われる渋谷の再開発に携わる伊藤氏は、「多様性の街渋谷はたまざまな人が集まり、それらの関係性がまた多様性を生む。それを増幅させるために、たとえば「渋谷をつなげる30人」というプロジェクトを行っている。渋谷をつなげる30人と聞くと、30人の有識者会議のように聞こえるのだがそうではなく、渋谷区の企業・行政・NPO市民の30名が参加し、連携して「つながり」を深めながら、課題達成のためのビジネス活動を約半年かけて立案・実行するまちづくりプロジェクトで現在は第4期が進行中」と話した。

深圳市 青年聨合会 副秘書長 邱 洪延 氏 東急不動産株式会社 都市事業ユニット 事業戦略部 まちづくり共創グループ 伊藤 秀俊 氏

深センと日本を行き来している川ノ上氏は、ハイテク都市として伝えられている深センのいまについて、たとえばQRコードから顔認証の端末がこの半年で大きく増えたことを指摘しながらも、使っている人を見たことがないと話した。自転車などシェアリングサービスも単体では利益は出ていなくて、トータルで見た特にデータ収集できているとことに意味があると、表面的なことだけではない深センが発展し続けている本質部分を語った。……

Keep Reading

なんと素晴らしいことだろう。InterBEEで「都市」をテーマとしたセッションが行われた。パネリストはエクサイジング・ジャパンの川ノ上 和文 氏、深圳市青年聨合会の邱 洪延 氏、東急不動産株式会社の伊藤 秀俊 氏、モデレータは合同会社CCNの安藤 嘉康 氏である。

邱氏による深圳市の現況報告の後に、現在進行系の100年に一度と言われる渋谷の再開発に携わる伊藤氏は、「多様性の街渋谷はたまざまな人が集まり、それらの関係性がまた多様性を生む。それを増幅させるために、たとえば「渋谷をつなげる30人」というプロジェクトを行っている。渋谷をつなげる30人と聞くと、30人の有識者会議のように聞こえるのだがそうではなく、渋谷区の企業・行政・NPO市民の30名が参加し、連携して「つながり」を深めながら、課題達成のためのビジネス活動を約半年かけて立案・実行するまちづくりプロジェクトで現在は第4期が進行中」と話した。

Keep Reading

Go to Top