Latest Highlights View All

【ソウル2019】観光案内サイネージと通訳電話アプリの連携プレー

Digital Signage

明洞を歩いていたら銀行のATMコーナーに観光案内用のサイネージ端末を見つけた。特に珍しいことではないが、明洞でははじめた見たような気がしたので中に入って操作してみた。

この端末はSMART HELP DESKという名称で、韓国訪問委員会)VISIT KOREA COMMITTEE)が運営しているようだ。言語は英語、中簡、中繁、日本語に対応している。日本語を選択したあとのトップメニューは次のとおり。

トップメニュー

メニューの中のインターナショナルタクシーはタクシーの予約。リーフレットというのは主要な観光ポイントのリーフレットがスマホからPDFでダウンロードできるもの。飲食店情報は近隣の店が多いのだが、そうでもないものが入っていたりして今ひとつ掲載基準がわからない。これならグローバルで提供されているトリップアドバイザーの方がまだ客観的(のよう)に感じた。ちなみに東京都が展開している同様のサービスは、飲食店情報はGO TOKYOの色&グルメへのリンクで構成されており、ここの掲載基準もはっきりしない。

飲食店情報

筆者が気になったのは観光通訳案内電話というサービスである。これは筐体横にある受話器で、オペレーターと会話しながら観光案内をしてくれるというサービスだ。通訳案内となっているが、実質的には日本語による無料の観光コンシェルジュサービスと言ってもいい。もちろんコンシェルジュと言っても手配をしてくれるわけではない。このサービスはなんと8カ国語に対応しており、一部言語を除いて24時間利用できる。

……

Keep Reading

明洞を歩いていたら銀行のATMコーナーに観光案内用のサイネージ端末を見つけた。特に珍しいことではないが、明洞でははじめた見たような気がしたので中に入って操作してみた。

この端末はSMART HELP DESKという名称で、韓国訪問委員会)VISIT KOREA COMMITTEE)が運営しているようだ。言語は英語、中簡、中繁、日本語に対応している。日本語を選択したあとのトップメニューは次のとおり。

Keep Reading

Go to Top